Portrait
愛賀真琴
Calendar
<< October 2020 >>
SunMonTueWedThuFriSat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
Official site
Search this site.
Tags
Archives
Recent Comment
Others
Admin

お知らせ~TRE(誰にでもできるトラウマ解消法)ワークショップが仙台で開催決定!

今日はとても大切で素晴らしいお知らせです!!

仙台で TREワークショップが開催されますよ~~~

6月!!!



福島・宮城・岩手・青森の4県の方は無料で受講できます。


私のTRE体験記は以前ブログに書きましたのでよかったら参考にしてくださいね~~

http://blog.aigamakoto.com/?eid=351

とてもとてもお勧めです

ひとりでもたくさんの方々が体験し、自分の身体の中にあるブロックや緊張に気づき
解放できるといいな~~と願います。


そしてすべての人が本来もつ内なる力に気づいてほしいです。

自分で自分を癒す、解放することが誰にでもできるのです。

その手法は簡単で、年代を問わず誰にでもできます。


詳細はTRE JAPAN のホームページでどうぞ

http://www.tre-japan.com/
permalink * comments(0) * trackbacks(0) * Edit

受け容れるということ

先日「カムイ・アーツ」の受容性のワークを受けてきました。

たくさんの気づきがありました。

私にとって受け容れるということには格別の思いいれがあります。

受け容れがたいことがおきて、でも受け容れざるを得なくて、、

そんな体験が私を変えたのだけれど、

受け容れるということの奥の深さと、

変えないところと変えるところ、その陰と陽のバランスをどうとっていくのか・・

あるがままに近づくことが最大のテーマといってもいいかもしれません。

あるがままに咲いている花たち(江の島にて)

DSC_0617.jpg

DSC_0615.JPG

DSC_0616.JPG



受け容れるってほんとうはどういうことなのか?

自分のワークでも「受け入れましょう」って簡単に言葉にしているのだけれど・・・

受け容れるって難しい。

カムイ・アーツ代表の真鍋さん

いきなり、こんなことを

「皆さんは相手の話を100%聞いていますか?」

おそらく、というか、聞いていない。100%は

なぜ?

100%聞いてしまうと自分を失ってしまうという感覚=実は錯覚があるから
人は100%聞きたくないのである・。・。・。・。

がびーん!!

確かにそうかもしれない。

100%聞いたからといって自分を失う事などないのだ、当たり前だけど。

そんなあたりまえのことを私たちは恐れている。だから聞けない。いや聞こうとしない。

普段どおりに出来ない状態=あるがままではない状態

自分があるがままであれば強い。

今の形をそのままキープすることがいかに難しいか、を身体で再確認。。

いやはや、なんともままならない自分のからだ

あるがままとなすがまま、されるがままは違う。

あるがままをただされるがままと混同し、現実から目を背けている状態に気づく。

流れのままって言う言葉もよく使うけれど、それってただの怠慢??

あるがままを受け容れる

      

私がしていたのは受け容れるではなく、受け止める事?

受け容れるということは自分の皮膚の内側まで入れるということ。

皮膚の外側でストップさせたらそれは受け取っていただけ、そして受け流す・・・

なぜなら皮膚の内側に心はあるから。。

皮膚に湿疹ができたりするということはブロックの一つの現象でもあるのだろう。

もうこれ以上受け容れたくない・・・

皮膚は自分と他者との最後の境界だから。

身体のブロックに気づく

そしてそれを受け容れると何が起きるか・・・

ワンネスの世界

受け容れると逆がおこる。。

願望実現しない瞬間がないことに気づく。・。・。・。・。☆


DSC_0546.JPG

GWに奥日光にて

湖がプラチナ色に輝いてそれはそれは美しい光でした・。・。・。

皆さんにおすそ分けです♪

江の島の花と奥日光.jpg

5月5日 ゴーゴー!!(笑)

2日、3日の大雨は体内まで気持ちよく洗い流してくれるような浄化の雨でした。

その後に降り注いだ光のエネルギーはとても気持ちよかったですね~~

自然界の力は偉大です!!


permalink * comments(0) * trackbacks(0) * Edit

MY地蔵菩薩様完成しましたよ♪

手のひらにのる小さな「ほとけさま」を彫りました

これは千体仏といって、戦争や原爆で犠牲になられた方々への供養と平和への願いを込めて戦後50年めから木彫家の植草等雲先生が始められた活動です。

大船観音寺で2回の無料講習会(材料費のみ)で先生が自ら指導してくださり2体の地蔵菩薩さまを彫り、

1体を観音寺のお堂に納め1体をMy仏様とします

すでに1000を超えています

DSC_0616.JPG

私が彫った仏様もここにいらっしゃいます^^


姫小松という木を彫っていきます♪



中学生以来の彫刻刀(何十年ぶり??爆)片手に彫っていく時間は楽しいものでした!

不器用な私でも「だいじょうぶ」という温かい先生。

楽しく優しく指導してもらえます♪

なで肩のふくよかなひろ~い懐のお地蔵さまをめざしましたが、
頭を丸くしたり手の指を彫るだけでも難しい!

お手本をしめしてくださった先生のが左側仏様の手
私が彫ったほうの右手は左手に比べてやけにサイズ大でしょ!!(笑)

DSC_0612.JPG


さすがにお顔はすべて先生がほってくださいます。

が、なにげにその後自分でもひと刀入れちゃいました。

同じようにやったつもりなのに全く違う2体が完成♪

イケメンの方(左)を奉納し、恵比寿顔のような大きなお顔になった仏様を持ち帰りました(^o^)

友人たちのと一緒に記念撮影

DSC_0613.JPG


6体みな個性的です♪

同じようなお地蔵様が友人達のところにあるということもなんだかうれしいですね^^


DSC_0614.JPG





permalink * comments(0) * trackbacks(0) * Edit

27日~30日宮崎 1日~3日は名古屋・岐阜

私はフラは自分ではしないのですが、周りにはたくさんのフラダンサーがいます

その中の一人に、宮崎にすむ岡山睦子さんがいます。

初めて睦子さんのフラをみたときに全身鳥肌がたちました。

それ以来の大ファンのひとりです

睦子さんは宮崎でたくさんの生徒さんを指導するマカニ・オルオルというフラスタジオを主催しています。

そのチャリティーフラホイケ(発表会のことです)が27日に延岡市の総合文化ホールであり、私は今回それを見る目的で宮崎に行きます

睦子さんの夢は師と仰ぐハワイのクム・ナラニ・カナカオレさんにスタジオのホイケにきていただくことでした。

フラをしている人であれば知らない人がいないというほど偉大な存在であるカナカオレさんが快諾してくださり、宮崎にパートナーのテキスタイルデザイナー、シグゼーン氏と一緒に来てくださることになった悦びを一緒に分かち合い、心から祝福したいな~と思っています

すごいことですよね~~

睦子さんのこれまでの努力やフラへの熱い思いや愛、そして師であるクムとのご縁、
色々なものの結晶です!

私もその、夢の実現にほんの少しではありますが、お手伝いできたことがとても
ありがたく嬉しく思っています。

カナカオレさんのゲスト出演はもちろんですが、

このホイケの楽しみはそれだけではないのですよ

最初のプログラムは睦子さんが自ら振りつけた『大祓詞』です。

地元の大御神社の宮司さまが、それならば!と自ら大祓の祝詞を唱えてくださり、古典フラ(カヒコ)を奉納するのです。

睦子さんはハワイのアロハの精神を大切に大切に伝えたいという思いで
自らも踊り、教えている先生ですが、ハワイと日本の精神が融合することではじまるこのプログラムはとても、とても楽しみです

また今回はアーティスト天遊さんが主催する古代文字アート集団
『天遊組』とのコラボレーションが実現

ハワイと日本の創生記を古代文字で繋ぐ!という試みです

ほんとうに楽しみです。

私は初の宮崎で、ホイケとパーティーのあとは友人達と高千穂やシーガイヤに行けるのもすっごくうれしいです

満喫してきますわ~~~

宮崎の方、お近くの方、是非いらしてくださいね~~
多分、まだ若干のお席はあるはず・・・

夢の実現を目の当たりにして、一緒に喜びましょう

素晴らしいステージに感動間違いなしです。

30日まで仕事はお休みです。
メールの返信などは31日以降になりますので
よろしくお願いします。

6月1日から3日までは名古屋・岐阜に行きます

2日午後は江南市でチベット体操クラス
1日、3日は算命学個人セッションあります。
まだ3日は空きもありますので自分と向き合いたい方は是非
本当の自分を知って、自分を活かしましょう

お問い合わせはミクシィメッセージでも受付ます。

愛賀真琴HP http://aigamakoto.com/
permalink * comments(0) * trackbacks(0) * Edit

算命学のこと

こんばんは~

今日も関東は不安定なお天気でした。

午後の突然の雨。

けれど雨で洗われた木々の葉っぱたちはとてもきらきらと輝いていて、
命の美しさを感じました。

気持ちの良い一日でした♪


算命学講座ではよく、宿命は変えられないけれど、運命は変えられるとお話します。

変えられる、変えられないを自分で選択できる、選択できないと置き換えてもいいでしょう。

私達は生まれる場所や親、環境、時代、といったものを潜在的、あるいは生まれる前に
選んできたのかもしれませんが、生れ落ちた瞬間すでに決まっていたもので、
自分の意志で自由に変えることはできなかったはずですね。

アメリカに生まれたかったと思ったとしても、お金持ちの家に生まれたかったと思ったとしても、兄弟がいればよかったと思ったとしても、友達のお母さんのほうがやさしそうでいいな、
と思ったとしても・・・

そういった自分に与えられた縁はすでに変えることができなかったものです。

そういったものを宿命とよんでいます。

私達の人生は宿命づけられています。ある意味。

だからこそ、古今東西、古代から呪術師がそこにこだわってきたわけです。

けれど、すべてが決められてしまっているわけではありません。

後天的に自分の意志でさまざまに選択することによってその宿命の道をどう歩むかは
個人によることになります。

どうしてこの家に生まれたのだろうか?

どうしてこの親のもとに生まれたのだろうか?

なぜこの時代なんろうか?

子供の頃そんなことばかり考えていました。

そのことに答えをくれるものをずっと探していました。

そして私にとっては算命学がその答えをくれました。

もって生まれた星と縁=宿命を知ることでものすごく腑に落ちたのです。

それがきっかけで深くのめりこんでいく事になったわけです・・・(笑)

私は算命学を愛していますが、だからといってこれが唯一とか、絶対だ、などと思っているわけではないのです。

たまたま私にとっては算命学だったということ。

いくつになっても、たくさん年を重ねて、体験をしてきても、

自分のことが一番わかりません。

だから今も学び続けています。

そう自分のために。

そして私のように算命学が本来の自分を生きる鍵になる人達がいると思うので、少なからず
そのお役にもたてればと思っています。

世の中には他にもたくさんの素晴らしいツールがあります。

そして誰にでも何か、自分にぴったりとくるものが必ずあるはずです。

そういうものに出会ってほしいな~と思います^^

そして出会ったときにいかに心をオープンにしてそれを受け入れることができるか、

にもポイントがあると思います。



『自分に与えられた星と縁=宿命』の意図を知って受け取ると、

今の私や家族におきているすべての事象には意味があり、理由もあるのだということが

体験的に腑に落ちてくるようになりました。

知っていると、理解度が違います。

深まります。。

そして理解度が上がれば上がるほど、人生のエネルギーの流れがよくなるように思います。

それはそういう人達をみていてもわかります。

宿命をむやみに怖れたり、否定したり、嫌ったりせずに、そう!我慢もせずに、

ちょっと勇気を出してどんどんぶつかって変化の波に乗ってみる、沿ってみる。。

すると楽しくなるのですよ。

なぜってそれが魂が選んできたものだからなんだと思うのです。



算命学では干支にすべてのデーターが書き込まれているという表現をしますが、

まさに宇宙と先祖から与えられた壮大な意図がそこにあるのだと思います。

だからそれを否定せず、理解し、この先の歩く道を自分の意志で選択していくことが

その流れをよりポジティブな方向へと動かしていく事になるのだと感じます。

よく言われる、運気が良いということはそういうことなのではないかな?

その時々の局面で自由に意図や意識を変化させていくことが誰にでもできるのだと思います。

ちょっとの勇気と覚悟、楽しむ気持ちがあれば。。

すべてを経験値に変えて学びにしてしまいましょう!!

私にとっての学びも続きます。

それを「進化」と呼んでいます♪


愛賀真琴HP  http://aigamakoto.com/






permalink * comments(0) * trackbacks(0) * Edit
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 97 | 98 | 99 | 100 | 101 | 102

このページの先頭へ