Portrait
愛賀真琴
Calendar
<< October 2020 >>
SunMonTueWedThuFriSat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
Official site
Search this site.
Tags
Archives
Recent Comment
Others
Admin

しばらくぶりの更新です

みなさん、ご無沙汰してしまってます、まことぅ~です。

毎日あついですね!
いかがお過ごしですか?

私は暑いのが苦手なので、これだけ暑いとかなりヘロヘロになるところですが。。。

でも元気ですよ*\(^o^)/*

元気の源は食! ということで、

軽井沢から届いた、奇跡のレタス!

とてもみずみずしくて、甘い!!

アートテン農法を使った、天恵の水(雨)以外の水はほとんどやらず、一切の化学肥料なしの
レタスです。
虫は葉っぱの上にいるそうですが、食べないのですって!


image.jpg

今の私の身体はレタスでできているといってもいいくらい、毎日朝晩いただいていますよ。

エネルギーに満ちていて、食べるとほんと、満たされた感じがします。

5種類のレタスを2個ずつ、その時期に合わせて送ってくださいます。

冷蔵庫で1ヶ月持つ、ということです。

ちょうど3週間たちましたが、シャキシャキです。

もちろん、届いてすぐにジップロックにいれました。

私はこのレタスにオメガ3のフラッグスオイルをかけて、アートテンのおとひめのお塩で
いただくのが定番。

梅酵素ジュースも、周りでブームになってます。

酵素もいいですよね!

梅だけじゃなくて、夏の果物でも試しています。


暑い夏を乗り切る方法、色々ありますよね(((o(*゚▽゚*)o)))

また良い方法があれば教えてくださいね(^∇^)


permalink * comments(0) * trackbacks(0) * Edit

あなたに、会いたい!

image.jpg



昨日、長野から戻ってきました!

長野での算命学個人セッションにきてくださった皆様、ほんとうにありがとうございました♪

そして、「いづみ治療院」の丸山順子さんにもとてもお世話になりました。

お蕎麦も温泉も満喫して、楽しかった!

いつもいつもそうですが、

個人セッションをさせていただきながら、私もたくさんのギフトを受け取っています。

「私はわたしで良いのだ!」という確認でもあり、自分自身を愛するということでもあり、
癒し癒され、与え、与えられて、

他の誰でもない、自分自身を生きるということは、なんて面白いことなんだろう!って。。
なんと、素晴らしく、なんと神々しいことなんだろう!と思うのです。

昨日可愛い5ヶ月のベビーちゃんを連れた麻衣子さんという方が、
新潟からきてくださいました。

セッション中に初の!寝返りを果たしたベビーちゃん、
終始お母さんのそばで、けなげにお母さんを見守っていました。

セッションが終わると満面の笑顔を見せてくれて、私にとってはそれが最大のギフトでした。

ただただ、そこにいてくれる、存在してくれているだけで、ほんとうに癒されますね!

その麻衣子さんが早速に感想を御自身のブログにアップしてくださいました。

とてもうれしく読ませてもらいました。

こういう出会いのたびに、私はやっぱり、誰かと、何かと、出会い、ふれあい、
わかちあうことが喜びなんだなあ!!!って思えます。

だから、そう、、、


あなたに!会いたい!です。



麻衣子さんのブログ

『算命学で時間旅行』 http://t.co/BBgT2EV6mo



permalink * comments(0) * trackbacks(0) * Edit

長野出張算命学個人セッション

みなさん、こんにちは!

イスラエルから戻り、超がつくバタバタですっかりご無沙汰してしまいました。

さて、わたくし、

6月26日、長野にいきま~す!


長野市在住の針灸師であり、友人の丸山順子さんにお声をかけていただきました!

順子さんは「いづみ治療院」という女性専門の鍼灸治療院を開業されています。

今年で7年目。

順子さんのブログで6月8日に紹介していただきました♪

今日、6月13日現在、6枠にお申し込みをいただいています!

残席は2人

午前の②枠と夜の⑦または⑧のいずれか1枠のお二人分です。

是非ピン!ときた方がいらっしゃいましたら、お目にかかれるとうれしいです!


・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。


算命学は4千年程前に中国大陸で生まれた『自然思想』に起源を発しています。
『自然思想』とは人間は他の動植物と同様に大自然(宇宙)の中で生かされている自然物である、つまり人間は自然の一部であるという考え方です。
そして自然の気(リズム)を知り、自然の法則を知り、それが人間にどんな影響を及ぼしているかを研究している学問です。
 (ホームページよりhttp://aigamakoto.com/sanmeigaku.html)

生年月日をもとにした命式によって、
その人の本質や人生の流れをひもといていきます。
私は彼女のセッションや講座を受けて、
知っているようで知らなかった自分自身の本質について、
また、それをどう生かしていったらいいのかを知りました。
それは、鍼灸師として開業してやっていく上で大きな強みとなりました。
また、子どもについて知ったことは、子育てをしていく上で助けになっています。

とても深いです。そして面白い。

うまく書けなくてもどかしいのですが、
ぜひ一度受けてみる価値のあるものだと思っていますし、
長野で開催できることをとても嬉しく思っています。


【開催日】 
 2013年6月26日(水)、予備日として25日、27日も可能です。

【時間・料金(出張料金込み)】
 A  60分 16,000円  1名様の鑑定(ご自身でも他の方でも構いません)
 B 120分 28,000円  2名様の鑑定
 C 180分 42,000円  4名様までの鑑定
      (人数を追加したい場合はご相談ください)

+ + + + + + + + + + + + +

26日スケジュールは次のとおりです。
(25または27日ご希望の方はお問い合わせください)
①10時30分~11時30分
②11時35分~12時35分
③13時45分~14時45分
④14時50分~15時50分
⑤15時55分~16時55分
⑥17時15分~18時15分
⑦18時20分~19時20分
⑧19時25分~20時25分


先着8名さままで
鑑定料金のお振込確認で正式受付といたします。
(振込みについてはお申し込み後にメールにてお知らせします)

自分自身とご家族など複数人数をお申し込みされる場合は連続枠でお申し込みくださいませ。

例 
自分自身と子供ひとりの2名:①②
自分自身と両親の3名  :⑥⑦⑧

時間枠の希望は第3希望までお願いします。
複数のお申し込み枠によっては多少時間がずれる場合がありますので、だいたいの目安としてお考えくださいませ。

すべて決まりましたら時間をお知らせします。

セッションで特に聞きたいことやフォーカスしたいことをお申し込み時にお知らせください。

なお、鑑定日まであまり日がありませんのでお振り込み後のキャンセルはお受けできません。
どなたか別のかたへの譲渡はできますので変更をお知らせください。

よろしくお願いいたします。

+ + + + + + + + + + + + +

 
お申込み・お問い合わせは
     「愛賀真琴の算命学・ご予約・お問い合わせフォーム」からどうぞ。
permalink * comments(0) * trackbacks(0) * Edit

魂の愛スポンサーセミナーのご案内


魂の愛スポンサーセミナーのご案内です。

ご参加受付中です。



今回はキャッスルインザスカイが作成しました、オリンの「魂の愛」日本語公式教材を使った一日スポンサーセミナーのお知らせです。

本書を読み、一人で学んで行くことも十分に成長に繋がりますが、
一人では体験し得なかった深いレに探って見ませんか?

皆さんの人生を変えるきっかけになるかもしれません。


オリンの「魂の愛」
ハートのセンターを目覚めさせる一日セミナー




日程 6月21日(金曜日)または
   6月22日(土曜日)
   ご都合の良い日程をお選びください。


時間 10時~17時半

場所 藤沢(詳細はお申し込み後にお知らせします)
   藤沢以外の場所をご希望の方はお知らせください。
   3人以上集まれば開催可能です。


参加資格 どなたでも自己投資 28750円

今回はティーチャーズコース、及びスポンサーコース修了後初めての開催ですので
初回特別料金で開催します!
     
(参加費15750円(初回特別料金)+ 教材費13000円) 
 (教材費に本は含まれておりません。

推薦図書 魂の愛 サネヤロウマン(ナチュラルスピリット刊) ¥2730


人数 10名まで (各回3名以上で開催します)
    定員になり次第締め切ります。


セミナーでは、主となる瞑想に加え、シェアリングを通してお互いの魂の成長を意図し、
分かち合い、共に学び、高め合う場にしたいと思っています。
ご縁ある方々のご参加を心より歓迎します。

主となるオリンの瞑想では、

魂の次元から放たれる、大いなる光に働きかけることによって、ハートのセンターを目覚めさせます。

その後、光や愛の存在たちからのサポートを受け取り、自身の魂と出会い、ひとつになるために
魂の次元へと意識を拡大します。

愛のもつ清らかさ、平安さ、静けさ、悦び、そしてすべてとひとつである一体感を
味わってみましょう!

また同時に魂のもつ、愛する意思を目覚めさせ、体験することで、
自分を愛し、他者を愛することを妨げてきた思いや感情も手放す事ができるでしょう。



オリンの8つの瞑想

魂にコンタクトする
魂の次元からの光を受け、意識を拡げる。 魂の次元に赴き魂に呼びかける。
魂に出会いその愛を受け取る。魂の本質である宝の世界に足を踏み入れる。

魂とひとつにブレンドする
魂の光でハートのセンターを目覚めさせる。愛の存在を心に招く。
真の自分を反映しない心のあり様のすべてを解消し、変容させ、進化させる。

魂と繋がる
魂と繋がることによって、人間関係に愛を放ち、変容させる方法を学ぶ。
相手が愛を受け取ってくれたことに気づき、愛を放つ力を強化させる方法を学ぶ。
愛を放つのをストップさせる潮時を知る。

愛の清らかな落ち着き
魂の愛の持つ、惹きつけ、強化し、透明で、無条件である特質を放つ時の
清らかな平安さを体験する。

愛のワンネス感
頭のセンターを目覚めさせ、すべてがひとつのワンネスに繋がる。
自分と他者とのエネルギーをさらに美しく光に満ちたものにする。宇宙と調和する。

愛する意思
みぞおちにある、隠れたエネルギーのセンターを活性化させることで、
一貫して安定した、忍耐強く許しに満ちた愛を自分自身と他者に放つ。

愛に委ねる
みぞおちのエネルギーをハートのセンターも引き上げる。
否定的なエネルギーに反応する自分を自由にする。
パワーゲームを手放し、他人のエネルギーに巻き込まれず、自分自身でいる。

魂の愛
ハートのセンターで光を循環させ、魂の愛の状態となり、普遍的存在の愛に繋がる。
宇宙が常に自分に働きかけてくれていることを知る。

(以上 copyright キャッスルインザスカイ2009 より引用)

本を読んでいなくても、瞑想が初めてでも、また何度も本を読み返して学ばれている方や
瞑想が日常となっているベテランの方まで各々の段階において楽しく学んでいただけます。

お申し込み・お問い合わせは 愛賀真琴HPよりお願いします。

愛賀真琴 http://aigamakoto.com/

permalink * comments(0) * trackbacks(0) * Edit

イスラエルへ


image.jpg


いよいよイスラエルの旅が迫ってきました。

昨日あたりから胸の中がさわさわしてきてます。

個人的には、思えば、レイさん主催の2011年のオランダ~モンサンミッシェル~グラストンベリー~スコットランドと辿っ た、ミカエルとマリアのライン。
このアヴァロンの旅から、イスラエルに行くことは深いところで決まっていたように思える。



モンサンミッシェル

車からその姿が見えた瞬間、皆の歓声があがった。
楽しそうでしょ!

島で泊まって、たっぷりとそのエネルギーにふれた思いで深い場所。

CIMG0455.jpg


これはトールの丘 グラストンベリー

突然の嵐とその後の空を割いて現れたような太陽が印象的だった。
みんなで輪になって、手を繋いでハッピーハッピーハッピーって歌って踊った。

ナタリーがすっごく可愛かった(^∇^)

チャリスの井戸も、マーリーンの洞窟も、あの幽霊ホテル?も、
すべてがアヴァロンだったなあ。。
マーリーンとも深く繋がった旅。
6953268a84d371763ee68e6779a0edda-1.jpg


私のところにきたミカエル

そして、おまけだとおもっていた、スコットランドで、私は大解放したんだった。。。

DSC_0411.JPG


2012年、冬至のエジプト

今も思い出すと胸が熱くなる。
溢れ出す感情が止められなかった熱い毎日だった。


DSC_1777.JPG


冬至の日、
偶然出会ったイギリス人ヒーラーのトレイシー・アッシュさんも一緒にワークした、
カルナック神殿

パワフルだったなあ


IMG_20121218_200458319-1.jpg

アビドス神殿。

愛が溢れていて大好きな場所。


DSC_1779.JPG

ハトホル神殿

これも大好きな場所。

ハトホルからのイニシエーションは忘れられない思い出。

すべてがギフトで、すべてが、宝物だ。
出会えた場所も人も、みんな!!!





そして今年、2013年、23日からのイスラエルの旅と繋がってる。

この旅が、私の中ではある、ひとつの完成、終了。そして新たなスタートでもあると感じてる。

エルサレム、その神聖な土地を支配、独占するために、今まで一体どれだけたくさんの血が
流れてきたのだろう。。。

そして今も。

日本の古事記や日本書紀がそうであるように、聖書もとっても、、、変だ。
謎もいっぱい。

真の古事記や真の聖書が今少しずつその姿を現し始めているように、
日本もイスラエルもおおきなシフトの時なのだと思う。

光と闇、信仰と戦争、祈りと剣、、、といった二元性の極とでもいうべき場所で、
今回の旅を通じて、
古代イスラエルが、縄文期の日本がもっていたエネルギーと再統合し、
私自身の魂が求めていることのひとつの答えを受け取りたいと思う。

またご報告しますね
permalink * comments(0) * trackbacks(0) * Edit
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 97 | 98 | 99 | 100 | 101 | 102

このページの先頭へ