Portrait
愛賀真琴
Calendar
<< October 2020 >>
SunMonTueWedThuFriSat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
Official site
Search this site.
Tags
Archives
Recent Comment
Others
Admin

4月のワークショップ その③ 五行のエッセンスと算命学のシェアリングワーク

≪五行のフラワーエッセンスと算命学のシェアリングワーク≫


陰陽五行論を根幹とする算命学と五行のフラワーエッセンスを融合したシェアリングスタイルのワンデーワークショップ

全3回シリーズです。

単発でのご参加もOKです。


第1回 日時:4月19日(月曜日) 13時~16時 
        サブテーマ:与えること・受け取ること   

    場所:横浜 石川町(神奈川労働プラザ)

第2回 日時:5月14日(金曜日) 13時~16時
        サブテーマ:聴くこと・話すこと

第3回 日時:6月11日(金曜日) 13時~16時
        サブテーマ:コミュニケーション

    場所:藤沢(予定)

テーマ:まるごとの自分とひとつになろう!


誰かを、何かを心から愛そうよ。

愛されたいのに愛されないとしたら・・・
なぜ愛されないのでしょう?
あなたには嫌いな人がいますか?
なぜ愛せないのでしょう?

あなたはあなたを愛していますか?

まるごとの自分とひとつになって、受け入れ、愛している時、
何一つ失うものはないとしたら、、、、
すべてが与えられているのと同じ。
誰かに何かに期待したとしても、それがあるがままに流れ、
なるようになっていくことをただ、受け入れることができる。

けれど、時として

自分から与えた、愛を差し出したというのが、実は条件付の駆け引きだったり、
与えたフリをして奪おうとしていたり、
愛しているフリをしてコントロールしようとしていたり・・・

ゆるしたとき、ゆるされていることに気づきます。

そして誰かを、何かを、ゆるすとかゆるさないの前に
私達はすでにゆるされている。
ゆるされているからこそ、今こうして生きているのです。

すべてのこと、ものには正しいも、間違いもないということに気づく・・
ゆるしには勝ち負けはないのです。


寂しさや、悲しみ、怒りや憎しみ、無価値感や、無力感、孤独感・・・
たくさん、たくさん、体験してきたね。

ぜんぶ、ぜんぶ、自分の内側にあるもの、あったもの。。
ずっと一緒に生きてきたもの。

だからだから、認めてあげよう。
受け入れてあげよう。
そこにあっていいのだよ、と責めないで、抱きしめてあげよう。
まるごとの自分とひとつになろうよ。


ジャッジすることもされることもなく、ただ自分の今の気持ちを、
今思っていることを、心の底の思いを話せる安心な場所です。

答えはひとつではありません。

自分の思いをシェアすることで気づくことがたくさんあります。
そして人の話を聞くことで、気づくことがまたたくさんあります。

愛の扉を一緒に開きませんか?

あなたの一歩を応援するために五行の算命学とフラワーエッセンスが
ブロックしている経絡に働きかけ、その後のあなたをサポートします。

人数 :  5名様限定(最少開催人数3名)
参加費:  全3回 18,800円
     (1回ごとに20MLのエッセンスボトル代金含みます)
      単発参加 1回 7,000円

締め切り: 4月15日(木曜日)

お申し込みはミクシィメッセージまたはメールにて

   reserve☆aigamakoto.com(☆を@に変えてください)



第1回 与えること・受け取ること

差し出す能力は気づく能力と関わっている。

その人が自分を知らなければ、自分に気付いていなければ、
差し出すことは難しい。

相手に手を差し出す時、自分に手があることがわかっていなければ、
手を差し出すことはできないよね

現代はすでに持っているものをないがしろにして持っていないものを
得ようとする傾向が強いけれど、
最初の一歩を見落としたり、すでにできていたり、持っているものを
飛ばすと、、、
次のステップの価値を低めてしまう


与えるとは?

自分が傷つくまで与える必要はないでしょ

何かをしようとすることをやめてみたらどんな感じがする?
何かをしようとしている時、与えようとしている時、あなたの身体はどんなふう?

私は目からうろこな自分のパターンに気付いて笑うしかなかった

何かを差し出したい!!っていう衝動を止める必要はないけれど、
なにが助けになるか!!!ってことを知ることは大切だよね

そう、行動に智慧が必要。

与えることが仕事の人。
与えることが好きな人。反対に与えることが不安な人。
受け取ることはどう?
受け取ることに抵抗がある人。
受け取ることに抵抗がない人。

与えることと受け取ることは一体。

自分がどんなルールに従って与えたり、受け取ったりしているか、
考えたことある?

人ではなくて、自分自身にどんな態度をとっているか、

見つめてみたことある?

たくさんの欲しいもの、やりたいことがある。

その奥に本当の○○があるのだ


第2回 聴くこと・話すこと

人との関わりだけで聴くことはあるのではない。
自分自身のことを「聴く」こと。
外側の聴くと内側の聴く・・・どう違う?

聴くがなかったら、それはコミュニケーションにはならず、ただの

       「自己表現」だ。

自己表現はボールを投げるだけ。

もしかしたらキャッチはしたくないかもしれないよね・・・


どういうとき聴けるのか、

どういうとき聴きたくないのか。

相手の話を聴くのをやめてしまった瞬間から自分はどこにいってしまったのか・・
考えたことある?

純粋に聴いているのか?
それとも意味づけしているのか・・解釈を始めてしまっているのか・・・
聴くということをするときの自分のパターンに気付く!!!

聴くということが限界になった時の自分がどうなるのか・・・
そのパターンにも気づく・・・

じゃあ、蓄積せずに聴く方法があるのか?

そんなことは果たして必要なのか?

自分だけ!!が唯一の耳なんだろうか?

そうじゃないとしたらどんな感じ??

聴く力を増やしたい!! 聴き方の可能性はどうだろう?

聴きたくないのに聴いているフリは私も辛いけど、

相手にとっても拷問じゃない??

聴く人にどうあってもらいたい?

どういうとき聴いてもらったって感じる?

自分はそういうふうに聴いているだろうか?

話す人にはどんな質が求められるのだろう?

自分がどういう聴くをしたいのか?
自分がどう聴きたいのか?
自分自身の感じている聴くとは・・を知ることの大切さ。

自分のニーズに気付くことは自分自身の責任。

苦手な相手にも良い聴き手になれるかな?


第3回コミュニケーションについて

コミュニケーション上手になりたい!!

自己表現とコミュニケーションは同一ではない。

自己表現を受け止めるには労力(エネルギー)がいる。

真にコミュニケーションをとりたいと思っているのか、
ただ思っていることを吐き出したいだけなのか・・


相手のふるまいや言ったことが、どう自分に着地したか、
自分に起きていること、そこで持った感情と相手の意図とを区別する
必要があるけれど、往々にして私達はそこをごっちゃにする。

同じように自分の言っていることが相手にどう着地するのか、、、、
そこに少しの気遣いと配慮が必要になる。

上手なコミュニケーションのためにはどんな質が必要なのかな?

コミュニケーションの助けになる基本とはどんなものかな?

NOを言える?

NOと言われたときの自分の反応や感情に気づいてみよう。

「あなたは私のことが好きではないだろう」という私の推測は相手が言わない限り、
真実はわからない。推測にすぎない。

相手を定義づけたり、決めたりすることや
明らかに責めているわけではないけれど、微妙に責めていることってない?(笑)
そういう自分に気付くことって大切だと思う。

相手が悪くないのであれば、どういう見方ができる?
私も相手も!!悪くないのであればどういう見方ができる?

善悪の壁の向こうで、もっと広い草原で相手に会うことをしてみたらどう感じる?

より良いコミュニケーションには努力が必要。

自分のあり方も相手のあり方も変える必要はないし、変えないことも大切。
相手を変えようとすることが時間の無駄だってことに私達は気づいている。

でもね、相手に自分との関わり方を変えてもらうことは可能なんじゃないかな?

まずは自分自身がコミュニケーションする人として責任を持つ。

私は何が欲しいのか、何を得たいのか?
相手も同様に、満たしたいことがあるのだ。

そこには違いがある。

果たして二人別々の欲しいものを同時に満たすことは可能だろうか?

永遠のテーマでもあり、そこにすごく興味があるのです。


一緒に考えてみませんか?

お申し込みは メールにて reserve★aigamakoto.com
    (★を@に変えてご送信くださいね)
permalink * comments(0) * trackbacks(0) * Edit

目黒にて 新!「算命学園」開園します♪

算命学は中国占星術としての側面(あえてそう書きますね)を持っています。

時間と空間を読み解き、天と地の間にいきる人間がその横軸と縦軸の間で
どのように生きていけばよいのか・・を考えます。

中国4千年の歴史といわれる算命学ですが、

実際はもっと古きシュメールの時代にそのルーツがあったのでは?と
私は密かに思っているのですがね・・・

まあ、それはさておき、

脈々と流れている家系と言う名の先祖の意識や
それに伴って受け継がれている因縁や徳について考えたり、
星や月や太陽といった自然界のリズムと調和して生きることについて考えることは、
魔法、癒し、ハーブ、クリスタルなどを使ってお仕事をされている人達はもちろん、
そうでない人達も知っておくべき重要な技術だとさえ私は思っているわけです。

自分自身の宿命の特徴やパターンを知ることは、

自分の内側の強さと弱さがどこに潜んでいるかを教えてくれたり、

どんな時に人生の困難に遭遇し、どんな時に優位に立ったりするのかも教えてくれます。

もしそこにある原則を理解したならば、

成功への流れや結果が遅れるかもしれないということや、

もしかしたら、見当違いの、宝石のないところでの宝探しの努力をしていることも
指し示してくれる・・・

大いなるものの声をそこに読み取ることができる、
古代の叡智の一つだと思っているわけです。

だからこそ、何千年にもわたってなくなることなく、受け継がれてきたのでしょう。

古代の叡智の奥深さにふれながら、それをこの3次元で楽しく活用できたらいいな、
お仕事や子育てやビジネスに活用してもらいたいな~
と思うわけであります。

そしていずれは公教育の世界で算命学が活かされることを希望しています。


4月23日より ご縁をいただき、目黒のまりっこさんサロンで月1回のペースで

算命学園を開園 することになりました。

毎回毎回、違うテーマでやります。

時にはコラボ企画もやりたいな~と思っています。


記念すべき第1回の学園は

『算命学って何?』がテーマです。

まずはご自分が自然界からどんな役割を与えられて生まれてきたのかを知りましょう
自分だけでなく、他者を知ることで自分をより客観視することができます。

学園の中では『他者の中の自分を知る』ってことが一貫したテーマになります。

人のことはよくわかるけれど、自分のことはわからないものですから。

東洋思想の根幹である、陰陽論とか五行説とかっていうとなんだか難しそう・・と
思われるかもしれませんが、私達の暮らしの中で気づかないでそれらをすでに知っていたり、
使っていたりするのですね~~


日時 4月23日(金曜日) 13時~15時

人数 10名くらい?

場所 目黒 まりっこサロン

第1回の自己投資(開園記念特別料金) 3500円


この学園では正真正銘の生年月日が必要となります

魔女・魔男?の皆様に年齢はないかもしれませんが、大切な資料となりますので、
お申し込みの際には正しい生年月日をお知らせくださいね (笑)


自分だけでなく、身近な人のことを知ることで、その人の欲求や性格を知るのに役立ち、
人間関係などに有益に働きますので、身近などなたかの正しい生年月日も
あわせてお知らせくださいね~~

計2名様分です。

お申し込みは愛賀真琴HPよりお願いします。


算命学についてさらに詳細を知りたい人は

真琴のHPを参考にしてみてくださいね。

愛賀真琴HP  http://aigamakoto.com/

終了後ご希望の方に『算命学特別個人セッション』もする予定です

また追記しますね~~~


まりっこさんのサロンは
と~~ても素敵で、お宝なクリスタルに囲まれた不思議空間です

まりっこさんのサロンフェアリー・テイルズへのアクセス

  目黒駅(JR山手線/東急目黒線/東京メトロ南北線/都営三田線)
  西口より徒歩2分
  権之助坂 途中の一つ目の信号近く。
  1Fに、天使グッズがたくさんのお花屋さん
  『Jepung(ジュプン)』が入っているビルの3Fです。
  入口は、『Jepung』さんと、隣のビル(1Fはラーメン屋さん)の
  間です。 奥にエレベーターがありますので、3Fへ。
  エレベーターを降り、すぐ左側 紺色の扉が
  『Fairy Tales』です。(正面は美容室)
permalink * comments(0) * trackbacks(0) * Edit

算命学講座祭り 25回開催記念企画

2008年1月に最初の講座をさせてもらってから、丸2年が過ぎ、
ほぼ月1ぺースで開催するようになって記念すべき25回目の算命学講座です

(感慨深げ・・・・遠い目・・)

ご参加くださった皆様いつもほんとうにありがとうございます !!


楽しくて、ちょっと痛い・・ときもある(人生、そんな時も必要です)、
しかも目からうろこが落ちまくる!!(自分で言うしかないので、お許しを・・)

真琴の『おもしろ算命学講座』第25回目は


天中殺を正しく活用する です。


本来、「算命学」は陰陽論、五行説といった東洋思想を根幹にした学問であって、
統計学でも占いでもないと考えていますが、そう思っている人のほうが圧倒的に多く、
もちろん、占術もできますので、占いと解釈してもらっても何ら問題はありませんが、
特に天中殺については誤解が甚だしいと思われます。
正しく理解をしていないとただ、恐れを増幅させるだけのものにすぎなくなってしまうのです。。あ~~あ

が!!!

天中殺法というのは、算命学では、正しくは

「高次元天中殺法」という理論に基づくとても深遠なものです。

なんたって、高次元ですから(笑)

それをどなたか、○木さんですか?とか言う方が、

○殺○などという恐ろしげな名前をつけて、そこだけを取り上げて
「あなた地獄に落ちるわよ」とかおっしゃるので、脅されている人が多くて困ります(涙)


今回の講座では天中殺について正しい理解を深めてもらいたいな~と思います。

知ってお得、知って役立つ、そして知ったら教えてあげましょうね!!

天中殺をメインテーマに楽しく皆さんでひと時を過ごしたいと思います。

人が集まるってことはお祭りみたいなもので、
まあ、天中殺をネタに皆で楽しく盛り上がりましょっていう企画です^^


日時 4月15日(木曜日)12時~15時くらい
 (お茶飲み放題、飲める人はビールとかもあります・お楽しみおやつ?軽食?あるだけ付)

場所 藤沢(真琴自宅)

人数 はいれるだけ

料金 5,000円(Vol.2(天中殺編)再受講者は2000円)

より楽しんでいただくために、ご参加の方にはご自分だけでなく、
大切な方についても知っていただけるように計2名様分の資料を作成して差し上げます。
お申し込み時にお名前・生年月日・性別をお知らせくださいね ^^


みんな来てね~~~


終了後ご希望の方には

①算命学個人セッション  または
②算命学個人セッション+錬金術ワークをいたします。

錬金術ワークについてはこちらをご覧くださいね。

http://aigamakoto.com/alchemy.html

個人セッション&錬金術ワーク 限定 2名様


① 30分 5000円
② 40分 6000円 
  (通常個人セッション60分13000円
     錬金術ワーク30分6000円)

 時間は15時半以降となります。


お申し込みは愛賀真琴HPよりお願いします。

愛賀真琴HP http://aigamakoto.com/
permalink * comments(0) * trackbacks(0) * Edit

ブルームーン

昨日は満月


今月2回目の満月はブルームーン♪

ほんとうに青い美しいお月様でしたね~~~!!!


ちょうど前日にご縁があって私の手元にいくつかの石がやってきました^^


☆セレスタイトのジオード

 天使とコンタクトをとるクリスタルとも言われていますね。

 これがめっちゃ男前な石でかっこいいのです^^

☆スタウロライト

 『妖精の十字架』として知られています。
 その名のとおり、十字の形です。
 少し前から気になっていて、ふと聞いてみたらあるよ~とのことで・・・
 私が選んだものはちょっとケルトっぽい・・・

☆ギベオンのペンダントヘッド

 韻石(韻鉄)
 身につけた瞬間、すご~くしっかりとグラウンディングして足に根っこがはえたような
 太く強い感覚がす~~と身体に軸ができたようで心地よかった。

☆ガネーシュヒマール

 これはおまけでもらっちゃった。

 ちっちゃくてすっごくかわいい(母岩からとれちゃったものなんです)


ブルームーンのもとでパワーチャージ♪

ぴかぴかです。
permalink * comments(0) * trackbacks(0) * Edit

魂の愛の学校 冬至~春分 季節の4分の1を巡って♪

じっくりと一年間という時間をかけて、

『魂の愛』という深遠で真実なる自分の中の自分との統合と、

個々の魂の光、力、愛が強まり、この今の時代を豊かで喜びに溢れて生きるために、
分離と対立から愛と調和に変えていく・・・

そんな「学校」が始まったのは、昨年の冬至でした。


それから4分の一の季節を巡って、春分の日を向かえました。

この学校は太陽が黄道12星座の新たな4分の一部分に進む、

約3ヶ月ごとに変化する一年のパターンとともに
自分達も進化していけるように設定しました。

物事は本来、大自然の力を使ってうまく運ぶようにできていたはずなのです。

ですから、正しい季節と時節にことを行っているならば、
そのエネルギーはあるべき方向へと流れて行きます。

意識する、しないに関わらず大自然の気というものは私達に作用しています。

冬至は太陽の一年の回帰点でもあり、陰極まって陽となる日。
ここから太陽のエネルギーは満ち始めます。

そしてこの春分までの間の3ヶ月は私達が知覚できない範囲においても、
全ての物事、人々、出来事、執着を浄化するパワーがあります。

気づいていなくても、色々な変化がおき、自分で自発的にできなくても、
ガラクタとか大切だったり、便利だったりしたのだけれども、
絶対に!!必要だというわけではなかった、
それでも大切にとっておいてきたような様々なものや関係性を
捨てるためのちょうど良い言い訳を私達に与えてくれる・・・そんな時期でもあります^^

去っていくものや捨てるものばかりではありません。

思いもかけないようなわくわくや、友情や・・そういった喜びにも出会えます。

この季節の雨とか雪とか風は私達の内なるエゴ(自我)も一緒に洗い流してくれます。

なので、算命学でもどんな一年が開けていくのかを占断するにも有益な時期となっています。

ですから内なる声に耳を傾けるのに最適な時期ともいえるのですね

変化することは生きているってことですもん

変化を怖れずに、変化を最もシンプルに、
波乗りするごとくやりぬくためにはどうすればいいのか・・・

初回の冬至から今月まで、
この学校の私達生徒たち(全員が生徒であり先生の学校です)にも様々なことがおき、
毎回毎回、私達の乗った船は大きく揺れていました。

春分を迎えた後の4回目。

今回は最初の季節の節目だったので、シェアリングをたくさん取り入れました。
初回から今を振り返って、魂と繋がるということを通じて日常にどんな変化がおき、
今どう感じているのかについてシェアしました。

トーキングストーンを手に取りながらはなしていくのですが、
どうしても言葉がでてきそうにない○さん。

朝、何気に今日は『ルーン』で遊んでみようと思い立ったので、
用意していたルーンをそこで、皆で順番に引きました。

○さんが引いたルーンの解説に○さんは笑うしかないというような感じで、泣き笑い・・・

そこで一気にほぐれました。

さらにちょっとしたワークを加えて、深いシェアへとつながって行きました。

集まる人にはいつも意味があるな~と感じているのですが、
一年をかけて成長していこうと集まった生徒達皆に共通するテーマがいくつかあります。

今回それがとても明確になったように思います。

そしてこの春分点を境に潮の方向が変わりました

コップは一度からにしないと新しいものは入ってきません。

が、そこに仲間の力が必要な時があります。

誰だって自分ひとりじゃ怖くてできない時があるものね



途中縮こまっていた天使の羽をぐ~~~っと拡げて、

次の3ヶ月・・夏至までは拡張と獲得の季節です。


最後にもう一度ひいた「ルーン」も、ひょえ~~~と驚くばかりの!!
またそれぞれがとても意味あるもので、大切なメッセージとなりました。

一人ひとりが引いたのですが、全員にあてはまるメッセージをもらいました。


今回4回目の「魂の愛」おさらい

磁石のようにひきつける愛

もっともっと拡大していく愛

なんの見返りも求めない無条件の愛

透明な愛

魂の愛がもつ様々な側面を味わい、感じる。
それを様々な人(対象者)との間で行う。




色づけすることなく、相手をコントロールすることなく、

自分がすでに、相手の中にあるものをそのまま受け入れ、認めている、
そんな愛に満ちた人であるのだと認めること。

私達はやりたいように、なりたいように、感じるままに、行動してよい。

おなじように相手にもそれを許す。

一生懸命に何かを獲得しようとしなくても、愛のために努力しなくても、
自分の周りに愛の磁場をつくるだけで、それがあることを感じるだけでよいのですよ~~

魂の愛とはスムーズに自由に流れるがままに流れているもの。

期待を手放そう。


『魂の愛の学校』 第2期生の募集も夏頃には開始します。

ご興味がある人はお問い合わせくださいね。


魂の愛の学校 http://aigamakoto.web.fc2.com/
permalink * comments(0) * trackbacks(0) * Edit
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 97 | 98 | 99 | 100 | 101 | 102

このページの先頭へ