Portrait
愛賀真琴
Calendar
<< October 2020 >>
SunMonTueWedThuFriSat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
Official site
Search this site.
Tags
Archives
Recent Comment
Others
Admin

出てきた!!

ちょっとずつ、ちょっとずつ・・・

カメの歩みではありますが、、、

進めてきた断捨離。


なんと、ずーっと、ずーっと、、、


たぶん10年以上!!!無くしたと思っていたリングがでてきたんです!!


image.jpg

ってことはそこを見たのは10年ぶりってことになるのだけど(^_^;)

結構気に入っていたうさぎちゃんのいれもの。

それは実はお菓子がはいっていて、プレゼントしてもらったもの。

アクセサリーをいれていて、わりとしょっちゅう、みていたものなんだけど、

かんぜんに下の、っていうか底はみてなかった、もよう(爆)

うさぎの耳がとれても、なおして、色が褪せても捨てられず、使っていたのですが、
思い切ってすてようと、中身をぜーんぶだしてみたら。。。ぽろん。と


そこからでてきたんです!!

恐るべし、っていうか、こんなお宝見つかるならやる気でますよ!ね、断捨離

っていうか、整理整頓


最近、何年もご無沙汰だった人に出逢ったり、
こういう風にリングがでてきたり、
ってことが続いています。


さて本日は算命学講座 「結婚の味方〈見方)」でーす。

今からお客様をお迎えする準備します。





自分を知って、自分を活かす真琴の「算命学講座」

31日(日曜日)は新しく入門講座が開講しています。

体験したいという方も大歓迎です!!

お問い合わせはHP よりお願いしますね~~

愛賀真琴HP http://aigamakoto.com/



permalink * comments(0) * trackbacks(0) * Edit

ノエルさんと再会♪

昨日、いやもう一昨日になるかな。

テンプルビューティフルさん主催の桐島ノエルさんのクンダリーニヨガのクラスに参加。

ノエルさんと.jpg


ノエルさんとは6年ぶりくらいの再会になる。

相変わらずナチュラルで素敵な人だ。

私より年下だけど、あねごなんだな~~(笑)

その男前さも大好き。

最近、以前一緒にやった、トランスフォーメーションゲームでのことを夢にみて、
ああ、ノエルさん、どうしているかなあ、会いたいなあ、、と思っていたので、
バンクーバーに移ってから連絡先がわからなくなってしまっていたので、
あえて本当にうれしかった!!

ノエルさんも私の連絡先がわからなくなって探していたと聞いて、さらに感激!!

今回のこのクラス、


なんと、募集開始すぐに定員オーバーで、募集を増やしても
キャンセル待ちがあるほどの大人気!!
80人もの方が参加したのです。


ノエルさんが指導してくださる、のがたくさんの方が参加された理由の一番であるけれど、
テンプルさんのというか、店長、光田さんの、これはおすすめというものは
はずれがない!(笑)と、、、いうのも大きいでしょう。

私が参加したのは、血液で知る自分の歴史(いやこんなタイトルではなかったけれど
私の感覚)、マークのコンテンポラリー風水、とこのクンダリーニヨガ。

だけだけれど、参加できなかったり、参加しなかったりした他のイベントも
いつもとても魅力的。

良いものを見極める眼が素晴らしいといつも感心している。

なので、テンプルさん主催のもの、要チェックですよ^^

前置きがすごーく長くなってしまった(汗)

クンダリーニヨガ

私は好きなヨガだなあ。

内面と向き合うものが好きなので(あはは 修行系?)

いかに美しい、あるいは難しいアーサナーができるか、
といったものは、そもそも興味がない。
やれと言われてもできないしね。たぶん続かない。

呼吸とアーサナー(とは呼ばないのかな?)というかポーズを調和させていく感覚は
チベット体操とも似ていると思った。

ゆっくりしたポージングが陰ヨガとも通じる。(でも陰ヨガほど長くなかった。
これは今回が初心者を対象にしていたからかもしれないけれど)

背骨を活性化する、柔軟にすること。
松果体の活性化

これらもチベット体操の目的と似ているな~と思った。

大切なものは一緒っていうことかな。

マントラ好きな私としては、いくつかのマントラも心地良かった。

音の波動ってすごく心地よく、またハートを開いていくものだね。

印を組んでマントラを唱えるのも、きっと私の中の古い記憶が悦んでいるのだろうとも感じる。

究極、どのヨガもサマディの状態になる、いかに良い、深い瞑想ができるかを
目指しているのだろうとは思うけれど、アプローチの仕方が異なるってことかな。


途中のダンスもすっごく気持ちよくって、開放できて

クンダリーニヨガ、楽しかった!!

チベット体操にもこんなはじける時間があればもっと楽しめるな~
踊っちゃおうかな。


クンダリーニヨガをもっと、もっと日本に広めたいということで、
ノエルさんは来日してはクラスを開いているそうなので、興味のある方は是非!!

私もまた参加したいな~

そしてわたしはわたしで、9月はセドナを再訪して、今回はリンポチェさまと一緒のツアー。
なまでチベットの高僧の方からチベット体操をご指導いただける機会を得て
すごく楽しみ。

研鑚してまいります。

そして、もっとたくさんの方たちに真のチベットヨガの良さも知ってもらいたい。

クラスの目的は「身体の声を聴く」ということだけれど、
誰もが簡単にできるチベットヨガは自宅でもどこでもわずかな時間で
自分と向き合えるツールのひとつだと思うから。

8月は31日に都内池尻大橋のクラスがあるので、興味のある方は是非ご参加くださいね!

http://aigamakoto.com/tibet_gymnastic.html

9月には明石露香さんのシンギングボウルとのコラボもありますよ^^

世の中にはいいものがたくさんある。

身体が固いとか、運動が苦手とかいう方たちにも合うヨガや運動はあるし、
また、じっとしているのは苦手、とか、筋トレ系が好きという方には、またそれに
あったものが必ずある。

体幹を鍛えることもとても大切なこと。

身体ワークは必須ですよ~~~
自分に合うものを見つけてくださいね!!








permalink * comments(0) * trackbacks(0) * Edit

古代エジプト展 女王と女神 に行って来ました

image.jpg




ニューヨーク、マンハッタンの中心地にあるメトロポリタン美術館。

見る美術百科事典 とも称されていますね。

随分前、20年くらい前かなあ、にわたしも行きました。

その時も美術館のショップでエジプトのかばのレプリカを買ったんですよ。
そのころからすでにエジプト好きでしたねえ。

今回の日本初公開のコレクションは、「女性」をテーマに厳選されたもの。

古代エジプト史上最も重要な女性のファラオとして知られる、「女王ハトシェプスト」
と、ハトホル神をはじめとして、たくさんの女神たちも勢ぞろいしている。

わたしは、実際に2010年、2012年とエジプトを訪れていて、
ハトシェプスト女王の葬祭殿にも2度。

ご縁厚き女王に会いたくて会いたくて。。。

前回の旅では、葬祭殿にはいるなり、ある事件が起きて大泣きして、
涙が止まらなくなった。
いろんなことを思い出して、感慨深かった。

やっぱり、女王と対面すると、とても懐かしさがこみあげる。

ハトシェプスト女王のコーナーが終わると、次は女神たち。

ここでの私のお目当てはシストラム。

女神ハトホルへの奉納品だとされる、シストラムという楽器。

持ち手にはこんなふうに記されているのだそう。


「若い神、ふたつの国のあるじが女神ハトホルの美しい顔の前でシストラムをゆらす。
女神ハトホルはすべての神の女主人
女性たちの女主人
美しさで 天地を満たすものである」

シストラムの音色は、牛の姿のハトホルが
沼地から現れるときの、パピルスの繁みが揺れる音なのだそう。

シャンシャンシャン

音声ガイドでは音色も再現されているので、お勧め*・゜゚・*:.。..。.:*・'(*゚▽゚*)'・*:.。. .。.:*・゜゚・*


image.jpg

写真の右のは、私物。
前回の旅で買ったおみやげ。 持ち手にはハトホル女神

3000年前の方がもっと精密。

今のエジプト人の作りはいい加減だなあ。

気になっている女性、ティーとキヤのコレクションもあり、
わたしにとってはお宝満載のコレクションでした!


古代 エジプトにおいて様々な場面で女性がいかに重要な役割を果たしていたか、を
垣間見ることができる。

ファラオ(王)が復活するためには女性の要素が必要なのである。
キリストが復活したように。。。ね。

美しいコレクションの数々に、3000年も前に生きた女性たちの美への追求心と
洗練された意識を感じさせてくれる。

秀逸

9月23日まで

上野東京都美術館にて


今回の図録は美しいのと、ハトさまとシストラム、ハトホル女神などなど
だいすきなものばかりなので、買ってしまった。

その他にも毎回コレクションしている、ファイルやメモ帳、クッキー缶やら絵葉書やら
大人買い(((o(*゚▽゚*)o)))









permalink * comments(0) * trackbacks(0) * Edit

相性が悪くてもうまく行く結婚の秘訣

8月28日、9月1日、9月2日と開催する真琴の算命学講座「結婚の味方〈見方)」

参加者募集締め切りが迫ってきました。

8月28日 藤沢 11時から13時 残席1
9月2日 恵比寿  13時から15時 残席4
9月1日 スカイプ 20時から21時半 



相性が悪くても、うまく行くのは

根底に相手への深ーい理解、それは結局は、自分自身への理解というか、自分を認めるということなんですけどね、が根底にあるからなんです。

結婚って奥深いんですよ。

だって、この世には男と女しかいないんですもの。

だけど、愛情の表現の仕方、受け取り方、それは千差万別。

陰と陽の理解。

陰と陽の役目の違いを知ること。

陰と陽に良し悪しはないってこと、

夫と妻って、、、をその星の理解からひも解いていきます。

ご自分以外の方の基本資料を差し上げますが、

誰を選ぶかとても迷っている方もいらっしゃるようですので(笑)、
この際どーんと!、調べたい方何人でも(100人とかは無理だけど)資料つくりますので、
ご参加くださる方で、一人に決められない!という方はメッセージくださいませ。

例えば、現在のパートナー以外に以前おつきあいしていた方でも、別れた奥さんでも、
どなたでもOKです。
で、お名前はおしらせいただいてもいただかなくてもどちらでもかまわないので、
いっぱいいる方は自分でわからなくなってしまわないようにだけお願いしますね(((o(*゚▽゚*)o)))


ウオークインなんですけど。。。って方もいらっしゃるので、(古代の人たちもびっくりだよね)これは私にとっても興味深いところなので、実際の生年月日とウオークインの生年月日(というのかな??)も合わせてお知らせくださいね。


陰陽の世界観からみた結婚(パートナーシップ)の捉え方は、3次元的な「結婚」ということだけでなく、もっと広義のパートナーシップ、また自分の中の男性性と女性性を統合していく意味でも、面白いと思っています。

「真琴ちゃんところはいつまでもほんとに仲がいいねえ!」 と良く言われますが、

実はわたしと夫の相性って最悪なんです。実はね。
(そのころ算命学勉強してたら結婚しなかったかも、、、笑というくらい)

愛情の表現の仕方が、自分と夫ではこんなにも違うんだ!ということが算命学で
ふかーく腑に落ちたからこそ、相手を認めることができるようになったし、
ありがたい、と感謝もできるようになったし、
30年以上なんとかやってこれたと思うんです。




深いところで腑に落ちた、相手への理解が根底にあるからなんですね~(^_^)


そんな秘密がわかります。
講座の詳細は 愛賀真琴HPにて

お申込み・お問い合わせは

★愛賀真琴HP http://aigamakoto.com/

よりお願いします。
permalink * comments(0) * trackbacks(0) * Edit

ワンピ会大盛り上がり!


image.jpg


お知らせしていた、ぷちまりさんの「ワンピ会」(((o(*゚▽゚*)o)))

みなさん暑い中、熱く!盛り上がりました*・゜゚・*:.。..。.:*・'(*゚▽゚*)'・*:.。. .。.:*・゜゚・*

今まで自分が絶対に選ばなかった服が似合うことに驚いたり、

別の人がきて、すごーく素敵なのに、自分には今ひとつだったり、
その逆だったり、、、

女性らしさというのも、それぞれ。
魅力はほんとうに全部違う。

自分だけじゃなく人のを見れるところがこの会の良さ!

似合わないけど、一度はきてみたかった❗️という思いを遂げられて、満足そうな顔。

そういうの、いいよね。

キッラキラの笑顔たち、女神たちに祝福あれ!!

自分を知るってほんと大事。

算命学による、結婚講座 締め切り迫っております!

お申し込みお急ぎください!!

愛し方、愛され方も千差万別。

あなたはどんな愛し方を?

permalink * comments(0) * trackbacks(0) * Edit
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 97 | 98 | 99 | 100 | 101 | 102

このページの先頭へ