Portrait
愛賀真琴
Calendar
<< October 2020 >>
SunMonTueWedThuFriSat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
Official site
Search this site.
Tags
Archives
Recent Comment
Others
Admin

五行のエッセンスと算命学のシェアリングワーク 締め切り間近です

今月私はゲシュタルト・アウェアネス・プログラム(GAP)ワークショップの
連続セミナーに参加しました。

講師のクリスティン・プライスがほんとうに素敵な人!!

 エサレン研究所の創立者であり、夫でもある、R.プライス氏とともに発展させ 
世界各国で30年以上教え続け、実践し続けている。

GAPワークショップとは

「もし壊れているなら、なおさない・・・・。」
なにかを変えようとするよりも「いま、あるがまま」に出会い、
深く耳を傾けてみる。 そこには忍耐、やさしさ、ユーモアがあり、
必要ならば変化が自然に生じてきます。
このワークは、何かを変えようとすることよりも「いま、あるがまま」 に出会い、
深く耳を傾けることを目的としています。

内側と外側の両方でおこる、 人生の浮き沈みの波乗りの方法を学び、
やがて、私たちはどんな波が来ても楽しんで乗る事ができる!
ということを発見する実践なのです。



今回のワークショップの流れは

初心~与える~聴く~コミュニケーション・・と繋がっていくもので、
もちろんそれぞれが独立していて、単発での参加も可能でしたが、
私にとっては最後のコミュニケーションにいたるプロセスと
全ての回を通じて一緒に参加した人達と
それぞれの回だけで出会った人達との間で起こったことや気づいたことすべてに
意味がありました。


初心というワークでは

今まで何度でも見てきたものを今初めて出会ったものとして受け止めることとは
どういうことか? どんな感じがするものか?

知らないということの価値について

初心で聴く練習ってどういうの?

思考を超えてそれ以上に経験できることはあるのか?

心が閉じかけている時にそれと共に今、ここ!にいられるか?
それは楽ではないからこそ!!訓練がありました。。


与えるということ

差し出す能力は気づく能力と関わっている。

その人が自分を知らなければ、自分に気付いていなければ、
差し出すことは難しい。

相手に手を差し出す時、自分に手があることがわかっていなければ、
手を差し出すことはできないよね

現代はすでに持っているものをないがしろにして持っていないものを
得ようとする傾向が強いけれど、
最初の一歩を見落としたり、すでにできていたり、持っているものを
飛ばすと、、、 次のステップの価値を低めてしまう!


与えるとは?

自分が傷つくまで与える必要はないでしょ

何かをしようとすることをやめてみたらどんな感じがする?
何かをしようとしている時、与えようとしている時、あなたの身体はどんなふう?

私は目からうろこな自分のパターンに気付いて笑うしかなかった。。

何かを差し出したい!!っていう衝動を止める必要はないけれど、
なにが助けになるか!!!ってことを知ることは大切だよね

そう、行動に智慧が必要。

与えることが仕事の人。
与えてばかりいる人。
与えることが好きな人。

与えることと受け取ることは一体。

自分がどんなルールに従って与えたり、受け取ったりしているか、
考えたことある?

人ではなくて、自分自身にどんな態度をとっているか、

見つめてみたことある?

たくさんの欲しいもの、やりたいことがある。

その奥に本当の○○があるのだ


聴くってどういうこと?


人との関わりだけで聴くことはあるのではない。
自分自身のことを「聴く」こと。
外側の聴くと内側の聴く・・・どう違う?

聴くがなかったら、それはコミュニケーションにはならず、ただの

       「自己表現」だ。

自己表現はボールを投げるだけ。

もしかしたらキャッチはしたくないかもしれないよね・・・


どういうとき聴けるのか、

どういうとき聴きたくないのか。

聴くということをするときの自分のパターンに気付く!!!

聴くということが限界になった時の自分がどうなるのか・・・
そのパターンにも気づく・・・

じゃあ、蓄積せずに聴く方法があるのか?

そんなことは果たして必要なのか?

自分だけ!!が唯一の耳なんだろうか?

そうじゃないとしたらどんな感じ??

聴く力を増やしたい!!

じゃあどうしたらいいの??その方法は??

聴きたくないのに聴いているフリは私も辛いけど、

相手にとっても拷問じゃない??

聴く人にどうあってもらいたい?

話す人にはどんな質が求められるのだろう?

自分がどういう聴くをしたいのか?
自分がどう聴きたいのか?
自分自身の感じている聴くとは・・を知ることの大切さ。


コミュニケーションについて


コミュニケーション、うまく行っている?

コミュニケーション上手になりたい!!



相手のふるまいや言ったことが、どう自分に着地したか、
自分に起きていること、そこで持った感情と相手の意図とを区別する
必要があるけれど、往々にして私達はそこをごっちゃにする。

同じように自分の言っていることが相手にどう着地するのか、、、、
そこに少しの気遣いと配慮が必要になる。

上手なコミュニケーションのためにはどんな質が必要なのかな?

コミュニケーションの助けになる基本とはどんなものか?



今回のワークショップで本当に沢山の実践をし、沢山の気づきがありました。

自分が気づいていなかった自分のパターンを知って、笑えた


今回私が学んだり、受け取ったことはすごく大きかったけれど、
また違ったメンバーで真琴のワーク形式でのシェアリングワークで
大いに語り合いたいな~と思いました。

ワンデーでのシェアリングワークですが、単発でも、コース参加でもできるような形で、

核となるテーマである、まるごとの自分を愛することと

①与えること、受け取ること、

②聴くこと、話すこと、

③コミュニケーション(特に異性間のコミュニケーションにも言及しながら)について

算命学からの視点も視野にいれながらのシェアリングワークをしませんか?

ということで、サブテーマを加えて、再度お知らせです



≪五行のフラワーエッセンスと算命学のシェアリングワーク≫

陰陽五行論を根幹とする算命学と五行のフラワーエッセンスを融合したシェアリングスタイルのワンデーワークショップ


日時:3月31日(水曜日) 11時~15時     

   ワークは3時間ほど(14時すぎくらいまで)。その後エッセンスを選びますので、お急ぎの方からエッセンスを選んでお帰りいただくこともできます。

場所:藤沢

テーマ:まるごとの自分とひとつになろう! 第1回

  サブテーマ: 与えること、受け取ること


誰かを、何かを心から愛そうよ。

愛されたいのに愛されないとしたら・・・
なぜ愛されないのでしょう?
あなたには嫌いな人がいますか?
なぜ愛せないのでしょう?

あなたはあなたを愛していますか?

誰とでも仲良く出来る自分は大好き。
でも、誰かを受け入れられないと思う自分もゆるしてあげようよ。

うまく行っている時の自分はOK。
でも、うまく行ってない時の自分もゆるしてあげようよ。

やさしく、穏やかでいられるときの自分は美しい。
でも、怒っちゃう自分や誰かをねたんでしまう自分もゆるしてあげようよ。

寂しさや、悲しみ、怒りや憎しみ、無価値感や、無力感、孤独感・・・
たくさん、たくさん、体験してきたね。

ぜんぶ、ぜんぶ、自分の内側にあるもの、あったもの。。
ずっと一緒に生きてきたもの。

だからだから、認めてあげよう。
受け入れてあげよう。
そこにあっていいのだよ、と責めないで、抱きしめてあげよう。
まるごとの自分とひとつになろうよ。

ジャッジすることもされることもなく、ただ自分の今の気持ちを、
今思っていることを、心の底の思いを話せる安心な場所です。

自分の思いをシェアすることで気づくことがたくさんあります。
そして人の話を聞くことで、気づくことがまたたくさんあります。

愛の扉を一緒に開きませんか?

あなたの一歩を応援するために五行の算命学とフラワーエッセンスが
ブロックしている経絡に働きかけ、その後のあなたをサポートします。

人数 :  5名様限定(最少開催人数3名)
参加費:  7,000円(20MLのエッセンスボトル代金含みます)
締め切り: 3月28日(日曜日)



チャクラティーでも飲みながらいかがですか?

第1チャクラから第7までそろっていますよ^^

お問い合わせ・お申込みは reserve★aigamakoto.com まで
            (★を@に変えて送信してくださいね)

愛賀真琴HP http://aigamakoto.com/
permalink * comments(0) * trackbacks(0) * Edit

春の嵐と春分の日

昨日から今朝にかけての春の大嵐

気持ちよいくらいにすごかったね~~~


自然界に起きたこの春の大嵐は自然界、つまり宇宙のリズムだ。

折りしも春分の日。

季節の節目である。

算命学では

(算命学は私の愛するものであり、その根本にある宇宙の法則のようなものを
あくまで一つの考え方としてではあるけれど、
これを知って役立つことがあると思うので、
ご縁のある一人でも沢山の人にわかりやすく知ってもらいたいな~と思っているのです。)


自然界=宇宙のリズムにそって生きることを良しとしている。

自然と調和すること。

それはもって生まれた宿命
(役目とか役割・使命とおきかえることもできる)を消化すること、

つまり自然の法則に沿って生きることが役目を果たすことだと考えているのだ。

最も自然に即した生き方をしたものが、生涯を通して、
最も充実した人生を送ることになる。


そのためにはまず、自分が生まれてきた理由を知ること=役目を知ること。

それらを知ることが算命学の目的と考えているのである。



立春から始まった春の気はこの春分で頂点へと達する。



算命学の『天地人』思想はどんな物事にも、始まり~中心~終わりがあると考える。

天と地の間に人間が存在する・・ゆえに天体の動きだけでなく、
地上の変化を一体化して人間の生き様をみる。

時間と空間の合体である。


人間が生まれ(始まり)、自分の役割を果たし(中心)、死ぬ(終わり)のも同じ。

人生は初年期、中年期、晩年期と3つに大きく分けられ、

一日は朝、昼、晩から成り立つ。

物事は頂点に達した瞬間から下りが始まると考えている。

算命学の言葉では「陰極まって陽となる」「陽極まって陰となる」と言っている。


この春の「気」が頂点に達する春分の日。

嵐がやってきて、沢山のいらないものを吹き飛ばしてくれたように感じたのは
私だけじゃないと思う。

そしてすがすがしい空がひろがった。

こういうとき、私達も


今までの古い概念とか、パターンとか、しがらみとか、人間関係とか・・・
手放せないでいた何かしらを一掃するとリズムが調和するのだと思う。

今日という日に向かって、いわゆる浄化が起きていた人たちも多かったのではないかしら?

捨てるリズムにあるときはそれに乗って、捨てたほうがいいのだ。

こういう季節の節目を上手に利用すると宇宙のリズムと合致して、
エネルギーがスムーズに流れると思う。

溜め込んで滞っていたエネルギーを流すには

捨てる。ことも大切な要素。


私は今まで長いこと算命学にたずさわっていながら、

そしてこのことを何度も何度も講座で話したりしているのに、

わかっていたはずなのに・・・

今朝の春の嵐が運び去ってくれた古いものたちのことが
なんだかやっと、やっとすっと腑に落ちて、

この立春以降、すごいスピードで色々なことが展開していき、
ブログに書く暇がないほど、次から次へと起こったことが、
実はすべて繋がっていて、

私は手放したかったものを、色々な人のサポートで、
色々な角度から気づいてこれたんだな~と思えた。

そう!!

自分が自然のリズムと調和したとき、今日の空みたいな爽快感をもって生きられるのです!!
permalink * comments(0) * trackbacks(0) * Edit

お知らせ ふたつ!!

みなさま こんばんは~ まことぅ~です^^

お知らせがふたつあります。

ひとつめは。。。。


いよいよ19日になりました! 算命学講座と特別個人セッションのお知らせです。



人間関係の奥義!  おもしろ「算命学講座」& 特別個人セッション

  日時: 3月19日(金曜日) 13時~15時

  場所: 表参道 (詳細はお申し込み後にお知らせします)

  現実世界で生きる私達にとって、
  どれだけ自分自身を見つけることが出来るか!!が
  この現実世界を超えていく鍵となります。

  あなたのパートナーも、上司も、親も、かわいい子供だってあなたとは違うのです。
  あなたとは違う個性を持って生まれてきているのですから、
  自分のものさしで見ていたら理解できなくて当然のことがあるかもしれません。
  同じように、あなたも理解されなくてもあたりまえかもしれません。

  相手の目線を知ることで、「な~~んだ、そうだったのか!」と
  納得できることがあります。

  算命学を通して、他者との関係の中で生きる自分自身を知ることができるからです。
  私達は皆、生まれてきただけで完璧なのです。
  どんな特徴を、個性を持って生まれてきたのか?
  どんな環境に自分自身をおいてやると輝けるのか?
  自分自身の中にあるこだわりを発見し、
  自分自身を縛っていたものは自分だったってことに
  気づくきっかけになるかもしれませんよ。

  今回はVol.3の内容を中心に5つの本能と星をわかりやすく解説します。
  あなたがあなたらしく生きるために、あなた目線と他者目線を知る。
  講座のよいところは、他者の中の自分を知ることができることです。
  算命学でより豊かでハッピーな人間関係をつくりませんか?


   料金: 5、000縁
      (再受講者は2,000縁)

  講座終了後はご希望の方(限定4名様)に特別個人セッションをいたします。
   (通常個人セッション: 60分 13,000円)

<特別個人セッション>

 ①15時15分~15時45分
 ②15時50分~16時20分 予約済み
 ③16時25分~16時55分 予約済み
 ④17時15分~17時45分

   料金: 5,000円(フォローアップの方は500円引きで承ります。)

   *講座受講される方にはご自身と大切な方計2名様分の算命学資料を差し上げています。
    お申し込み時にお名前(性別も)と生年月日をお知らせくださいませ。


お知らせ 二つ目は。。。


「五行のエッセンスと算命学のシェアリングワーク」


  日 時: 3月31日(水曜日) 11時〜15時
  場 所: 藤沢(詳細はお申し込み後にお知らせします)
  人 数: 5名様限定(最少開催人数3名)
  参加費: 7,000円(エッセンスボトル代金含みます)
  締め切り:3月26日(金曜日)


  テーマ:まるごとの自分とひとつになろう!

  誰かを、何かを心から愛そうよ。

  愛されたいのに愛されないとしたら・・・
  なぜ愛されないのでしょう?
  あなたには嫌いな人がいますか?
  なぜ愛せないのでしょう?

  あなたはあなたを愛していますか?

  誰とでも仲良く出来る自分は大好き。
  でも、誰かを受け入れられないと思う自分もゆるしてあげようよ。
  うまく行っている時の自分はOK。
  でも、うまく行ってない時の自分もゆるしてあげようよ。
  やさしく、穏やかでいられるときの自分は美しい。
  でも、怒っちゃう自分や誰かをねたんでしまう自分もゆるしてあげようよ。

  寂しさや、悲しみ、怒りや憎しみ、無価値感や、無力感、孤独感・・・
  たくさん、たくさん、体験してきたね。

  ぜんぶ、ぜんぶ、自分の内側にあるもの、あったもの。。
  ずっと一緒に生きてきたもの。

  だからだから、認めてあげよう。
  受け入れてあげよう。
  そこにあっていいのだよ、と責めないで、抱きしめてあげよう。
  まるごとの自分とひとつになろうよ。

  ジャッジすることもされることもなく、ただ自分の今の気持ちを、
  今思っていることを、心の底の思いを話せる安心な場所です。

  自分の思いをシェアすることで気づくことがたくさんあります。
  そして人の話を聞くことで、気づくことがまたたくさんあります。

  愛の扉を一緒に開きませんか?
  あなたの一歩を応援するために五行の算命学とフラワーエッセンスが
  ブロックしている経絡に働きかけ、その後のあなたをサポートします。


お申し込み・お問い合わせは

愛賀真琴HP http://aigamakoto.com/

permalink * comments(0) * trackbacks(0) * Edit

抵抗するということ

算命学では、本来人間には5つの本能が備わっていると考えます。

五行論からきているものです。


その一つに、守備本能があります。


だからこそ、日々の暮らしの中で危険から身を守ることもできれば、自分だけでなく、大切な人を守りたい、家族を守ろう、会社や国家の安全を願う・・ということにもなります。
健康でいられるように身体を大事にしょうともするし、財産を守ろうとするのもひとつのあらわれですね。

守備本能は肉体面だけでなく、精神の危険からも守ろうとするので、

誰かに文句を言われたとか、批判されたと感じる時、すなわち、

「相手から攻撃された」と感じる時に強く発揮されます

守備本能を宿命にたくさん(強く)持っている人ほどこの傾向が強くでます

抵抗するってこともこの守備本能の表れかな~と思うのです。

今まで自分をずっと守ってきてくれた価値感や考え方、あるいは行動パターンだったりするものだけど、もうそれを手放さないといけない、手放したほうがいい、手放す時期だな~とわかっていても、なかなかできなかったり、一歩を踏み出せなかったりすることがありますよね。

恐れが抵抗を生みます。

私もそういう時、思い切り抵抗したりします。

抵抗しなければ楽だとわかっているのに、

目の前に起こったことをただそのまま受け入れれば、結構楽しめるのだっていうこと。。それはいくつも体験しながら、抵抗したあげくにやっと受け入れて、「な~~んだ、たいして怖がることもなかったのにな~」とか、「大丈夫」っていう体験をして、だんだんと抵抗しないことを学んでいくように思います。

先日セッションを受けてくださった方は、セッション中に何回、
「あ~~面倒くさい」「あ~やりたくない」と言ったか、わかりません。。
言葉で抵抗をあわらしていたら、セッション中に声がでなくなってしまいました!
出せなくさせられた??

一才のお子様連れだったのですが、お母さんの抵抗を感じてか、ぐずるぐずる!!
ベビーカーでぐっすり寝ていたのに、セッションになったら急に目覚めて、ミルクをあげても、おむつをかえても、おもちゃをあげても、反り返って抵抗して(爆)セッションになりませんので、30分中断して遊びました^^

でも、私はこんなふうに抵抗をはっきりと身体で、言葉であらわしてくださるのも、かわいいな~と思います。
こういうとき私はお母さんみたいな気持ちになります。

抵抗の仕方も程度も人様々です。
おもいっきり夏休みの宿題をためこんで、一気に最終日に片付ける人もいれば、毎日少しずつ片付けていく人もいるようなものです。

落ち込むだけ落ち込み、抵抗するだけしたら後は浮上するしかないのですから。。それもまたありかな~と思います。

抵抗すると確かに苦しい。でもそれに気づかないと、苦しいことはやめようと思えないのです。
苦しいといっている間はそこから出なくて良いので、苦しいといいながら、そこに居続けたい人もいます。


私もかつてそういう時がありました。

出産だって、スーハースーハーと、自分のリズムと生まれてくる子供がリズムを合わせての協同作業ですよね
私は思い切り抵抗して、まったく上手じゃなかったですので、婦長さんにお叱りをうけましたが・・・(遠い思い出です。あんな必死のときに怒られたらますますできなくなるのにな~と後でおもったりしました。。)
怖いよ~っ、痛いよ~っていう気持ちが身体を硬くして、身を守ろうとしているのだけど、それがさらに痛みを増やすということには気づいてなかったから。。

先日安曇野のシャーマン?宇宙人?の岩さんが

自分のリズムと宇宙のリズムと人類のリズムをあわせればすべて上手くいく。
大変だと感じることが起こっても、リズムに乗って、リズムを合わせればいいんだよ~とおっしゃってましたが、

名言!!だな~と思いました。

算命学では人にはその人の命のリズムがあり、
それは先天的な宿命と後天的な運気や運勢といったものの組み合わせで成り立ち、

10年ごとに刻む自分の運気のリズムや毎年のリズムを知ること、
またそれらは自然界(宇宙)や日本国が刻んでいるリズムや日々共に接する人々のリズムによっても影響を受けると考えているので、
それらと合っていれば生きやすいし、合っていなければ生き辛い、と見ます。
自分がもってうまれたものをいかに活かせる環境に身をおくか、ということがとても大切なのです。

あ~、宇宙のリズムと人類にリズムと自分のリズムの話。。
同じなんだな~と思いました

なるべく抵抗せずにうまくリズムに乗って、楽しく自分の命を煌かせたいですね~~

素敵な岩さんのご紹介はまた今度!!

その前にあめりさんやあめりママとのことも書きたいのです。

今日からクリスのゲシュタルトのワークです。

すごく楽しみです
permalink * comments(0) * trackbacks(0) * Edit

マントラの力

皆さん。こんばんは~

マントラって聞いた事ありますか?


真言のことなんですが・・・


古代インドでは、真言とはマントラの訳語で、元来ヴェーダの祈祷句を指す。

諸神の徳を唱える讃歌を指す。
密教では、如来等の諸尊の真実にして虚妄ならざる言語、つまり聖なる真実の言葉の意味。

真言は、唱える中にあってこそ力となるものであり、意味の理解を目的としたものではない。
 基本的に古来の漢訳者も、音写として訳し、意訳しないのが通例である。

と真言の解説にありました。

密教には、教理としての思想面と、修行としての実践面がある。
 実践面は、密教独特の修行独特の修行方法による。

 「三密行」である。身密・口密・意密。身体と言葉と意(こころ)。

 身体に限りなく浄化された極地は、印として象徴される。手に印を結び、
印に仏そのものを象徴し、自分が 仏であると感じていくのである。

 その発する言葉は、限りなく浄化され「真言」としてとらえていく。

 意(こころ)を限りなく高めていった心を仏とし、同化されていくのである。

 手に印を結び、口に真言を唱え、心に仏を観ずる実践行である。
仏即自分であることに気づく行。


チベット体操では宇宙=私達の根源と繋がるマントラを唱えていますが、

先日友人から、ダライラマ聖師が詠唱していらっしゃるマントラを紹介してもらいました。

このマントラを聞きながら、チベット体操をやってみて~~!!と言われていて、

昨日、そのダライラマ聖師によるマントラをクラス中に流してみました。

マントラというものは、本来自分自身で唱えることにより、自分の内から
癒しの力の波動を引き起こすためのものですが、
ダライラマ聖師詠唱のマントラの音浴に心身を浸らせながらのクラスがどのようだったか!

私はいつもにもまして、身体がとても暖かくなり、
身体のものすごくふか~~~い部分で癒された感覚がありました。

それはうまく言葉にできないのですが、

枯れることのない慈愛の泉に浸っているような・・感覚。

それは今日になっても続いていて、じんわりとやさしい気持ちよさが奥の奥から
つねに染み出てくるような、そんな感覚です。

今回初めて使ってみたのですが、

3月は全てのクラスでこの音浴にひたってもらいたいな~と思っています。

クラス参加の皆さん、楽しみにしていてくださいね。。


そしてその次は皆で覚えて、一緒に唱えてみましょう!!
permalink * comments(0) * trackbacks(0) * Edit
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 97 | 98 | 99 | 100 | 101 | 102

このページの先頭へ