Portrait
愛賀真琴
Calendar
<< October 2020 >>
SunMonTueWedThuFriSat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
Official site
Search this site.
Tags
Archives
Recent Comment
Others
Admin

新規算命学講座開講♪

こんにちは!


光の存在を知るには影があってこそ、といいますよね。
その逆もまたあるわけで。



全ては混沌として、分かれていない、ひとつであった宇宙原初の存在。

同時に

大自然の森羅万象には天と地、上と下、昼と夜、といった相対する原理も内在しています。

相対するものは相対するがゆえに、お互いが深く影響しあい、交感して、交合し、
新たなものを生じるわけです。

片方だけでは万物を発生することができないのです。

天と地がまじりあい、私たち人間や動物を育み、

男と女が交合して新たな生命が誕生します。


陰陽が合して、初めて生成が可能となるわけですね。

性=生命はとても神秘で、かつ聖なるものとしてとらえられているのです。

ここに算命学の根幹となる陰陽思想があります。

根源はひとつであると知りながら、分離の世界に生きているわたしたち。

自分とは異なる他者の存在あってこそ、自分を知ることができるとも言えますね。


算命学の個人セッションでは、自分というものにフォーカスをあてますから、
より深く、知りたいことを知ることができます。

自分がどんな役目や質をもって生まれてきたか?
それはどんな環境であれば活かされるのか?
今の自分は活かしているのかどうか?

自分とまわりのものとの関係性はどうなのか?
たとえば、パートナーとはどうなのか?
親や子供との関係性はどうか?

宇宙と先祖からいったいどんなものを与えられているのか?
徳や因縁とはどういうものか?

与えられたものをどう表現していくことが自分らしく生きるということになるのか?

どうすれば周りの役に立つことができるのか?

今までの生き方はいったいどんな影響を自分に与え、今後はどう生きていったらいいのか?

現在はどんな流れの中にいるのか?
今年は自分にとっていったいどんな年なのか?

などなど、自分をどんどん掘り下げて、その時のテーマに沿った内容で自分を
見ていくことができます。

そこが個人セッションの強みでもあるわけですね。

では、算命学講座というのはどういった目的、あるいは強みがあるのでしょうか?


算命学講座では、客観性をもって自分を知ることができます


人は自分以外のものになろうとすることがあり、自分の良さを認められずに、
もっとこうあるべきだ、と思い込んだ(思い込んでいるのですよ)別の自分に一生懸命
なろうとがんばっているうちに、いったい本当の自分とは何だろう?とわからなくなって
しまっていたり、あたりまえすぎて、自分の良さに気づいてないこともあります。

またわかってはいるけれど、見たくなかった自分というものもあったりして、
ちょっと痛い、と感じることもありますよね。

実は自分にないものは理解できないのが人間なんです。

自分と同じ価値観や、同じ考え方、であれば、その人のことを好きになったり、
友達としてうまくつきあえたり、親子でも恋人でもパートナーでも、
分かり合えることが多いですね。

でも縁あって家族になる人たちというのは往々にして、異質な存在であることがあります。

特に夫婦はもっとも身近な修行の相手である、とも言われていて、(苦笑)
夫婦の形はどの夫婦も「相剋」の相手であるのです。

相反する考えや、全く異質のものを持っているからこそ、
そこに異質なものを受け入れる、という学びがあるわけです。

でも人間だから、なかなか異質なものを受け入れがたいことがあります。
感情というものもありますしね。

一つのものを見て、どう感じるか、どう反応するかはほんとうに千差万別ですよね!!

え~~~!!そんなふうに受け取るんだ!そんなふうに感じるんだ!と
相手の感じ方、受け取り方にびっくりした経験はみなさんにもあるでしょう。

そうです。

当たり前だけど、あなたとあなた以外の人は違うんです。

感じ方も受け取り方も違うんです。

心の反応の仕方は、どれだけ心理学や哲学を学んでもわからないことがあります。

でもなんでだかわからないけれど、そう思っちゃうし、そう反応しちゃうんです。

だって、そういう人だから

このだってそういう人だから。が

実は自分だけでなく、相手(他者)を理解するのにすごく役立つのです!!!

もう、理屈じゃないんですよ。

そういう人なんです。


だから、無理に相手に分かってもらおうなんていう無駄な努力をしないようになるし、
わかってくれなくてもいいや、あるいはすべてをわかるということ自体が幻想なんだと
気づきます。

自分の宿命にない星というものは、ないのだからわからないんですよ。

理解できないんです。

でも、客観的に星の心を知れば、

「ああ、だからなのね」
「なるほど、だからそう反応するし、そう思うのね、私とは違うけど」

と、認めることができるようになるのです。

この、認めることができるということが実はとても大切で、

私たちをものすごーく楽にしてくれるのです。

自分の星を知って、その星の心の反応の仕方や、星の特徴、
いいところもわるいところも理解できるようになると、


自分の良いところも悪いところも

あ~だからか!!と合点がいき、自分自身を認めることができます。

客観的に自分を見る視点を得られるのです。

すると、相手(他者)も認められるのです。


世界を広げていくと、あっちこっち、出っ張ったり引っ込んだりしているひとりひとりが
お互いを認め合って、一つの丸い地球を作っていることが体得できますよ。

そうなれば、ダメだと思っていた自分の欠点さえ、愛おしいものになります。

もちろん、パートナーの欠点も、です。(笑)

愛おしいたくさんのあつまりがひとつなわけです。

ひとりひとりが個を発揮しながら一つを形成していることが、たまらなく愛おしくなりますよ。

みんな違っていていいんだ!!と

こころから納得できます。

自分が生きて、自分をありのままに発揮すること。

それこそが世の中の役に立つことなんですもの


だから、どんな自分を世の中の役に立てていったらいいのか、知らないではいられないでしょ?

私が伝えたいのはそこなんです。


今月27日に初の日曜講座が開講します。

平日では学べなかったという方にもご参加いただけます。

他の講座で学んでいて、お休みしてまだ補講を受けていない、という方にも
ご参加いただけます。

リピーターの方も大歓迎です。

ここだけ聞きたい、とか、ここだけ知りたい、という方も歓迎します。

その場合は単発料金となります。


学び続けてくださった生徒さんたちが今度は先生になって、
今年からカルチャーなどで教えています。

ほんとうにうれしいことです。

教える道あり、
自分の仕事に算命学を使って、より強みを得る道あり、
自分や家族のために学ぶ道あり、

将来的にどのようにも活かしてもらえるようにしていきたいと考えています。

以下詳細です。


真琴の算命学講座 日曜都内入門クラス


7月27日(日曜日) 13時45分~15時30分

池尻大橋にて(場所詳細はお申込み後にお知らせしますね)

入会金(真琴の算命学を学ぶ会)           5000円

参加費 (会員)                  4800円
    (非会員、単発の方)            5500円
    (すでに講座で学んでいる方で復習したい方) 3000円
  *いずれも資料代込

会員の方は個人セッションが10%引きになります。




学びたい方に出逢えるのを楽しみにしています!!

お申込み・お問い合わせは真琴HPよりお願いします。

真琴HP http://aigamakoto.com/
permalink * comments(0) * trackbacks(0) * Edit

チベットの高僧 ザチョゼ・リンポチェさまとの出逢い

本日はザチョゼ・リンポチェさまの薬師如来ワンデーセミナーでした。

最近KAN さんとか、リンポチェさまとか、からだもこころも、オーラもでっかい方との出会いが続きます。

薬師如来の血縁灌頂をしていただきました(^o^)v

リンポチェ 20140713.jpg

この灌頂は3つのパートからなっていて、

まず最初に聖水をひとりひとりにくださって、浄化するところから始まります。
ひとつめのパートはさらに9つの儀式とチベット語のマントラをリンポチェさまとともに唱えます。

最後はまたひとりひとりに頭頂からエネルギーをいれてくださいました。

このような儀式を日本で受けることができてほんとうにありがたいことですね。


リンポチェさまは、お釈迦様の時代からとぎれることなくつづいている薬師如来の本来のエネルギーについて伝えられることが誇りであり喜びであるとおっしゃってくださいました。
また、古代の人々は命がけでこの学びの場にたどり着こうとしたし、それほどに価値があるものだと知っていたということでもあると。

今私達はその時代の人々より安全に楽に学ぶことができるけれど、それは私達に善きカルマがあったからであり、いにしえより、ずっとずっと学びたいと祈りつづけてきた魂があるからこそ、ここにたどりついたのだよ。
だから、そのような自分であることにとてもとても感謝すべきなんだよともおっしゃってくださった。

そのお言葉が深く心に沁みました。

リンポチェ③20140713.jpg

今日リンポチェさま(ダライ・ラマ法王と二人の師匠)から受け取らせていただいた薬師如来の種が大きく育ってたくさんの愛と喜びをもたらすことができるように日常で前向きに使っていきたいと思う。

心からの感謝と共に、身が引き締まる思い。

薬師如来とのご縁をいただいて、その種を育てるための実践(PRACTICE)、すなわち
種の育て方も教えていただいたので、責任をもって育てていかなくては!!

リンポチェ⑤.jpg

何事も準備に時間も、エネルギーも努力も必要であるけれど、この準備をいかに情熱をもって
やれるかだよ、ともおっしゃって準備する、準備への労力を惜しまないことがいかに
その後を決定するか、大切かについても教えていただいた。

リンポチェ①20140713.jpg

薬師如来とラピスラズリの深い関係についても学びました。

リンポチェ②20140713.jpg

懇親会でお話されていたのですが、リンポチェさま、チベットヨガをなさっているとのことで、
チベットヨガ(チベット体操)についてもお話を伺うことができました(^^)/

いつか直接ご指導を受けたいと願っていますが、昨日はいろいろと教えてくださったので、
自分で実践しながらクラスにも取り入れていきたいとおもいます。



リンポチェ⑥.jpg

笑顔がとっても素敵なリンポチェさまでした。


ザチョゼ・リンポチェさま

 ダライラマ法王14世に次ぐ高僧(活仏)
 1984年達磨大師の6度目の転生者としてダライラマより認定を受ける。
 チベットには現在200人ほどのリンポチェ(高僧)がいらっしゃるが、
 ダライラマ法王70歳の生誕祭の最高執行責任者である。
permalink * comments(0) * trackbacks(0) * Edit

満月の夜は・・・

パリ祭①.jpg



13日のスーパームーン、美しかったですねえ!!

皆さんのところでも美しい月を眺められたでしょうか?

13日はちょうどチベット体操クラスがあり、今回は恒例?のパーティーの予定でしたので、
会場も名古屋市内に変更。

いつもより男性が多いクラスとなりました(^^)/


おいしい匂いの漂う中でも外側の音や匂いに惑わされず、集中するのは難しかったようですが、

どんなときにも『今ここ』にいる練習も大切ですね。

マインドに振り回されないで、静かな自分の内側にいられるようになりたいものです。

男性シェフたちが腕をふるってくださって、な~んにもせずにおいしいお料理の数々を
味わえる至福のひとときでした。

どれもおいしいのですが、手釣りのアユのオイルサーディン漬け。絶品でございました。

あっという間に売り切れましたよ^^


パリ祭①.jpg


私は今年初のアユでした。

ごちそうさまでした!!!


パリ祭.jpg
permalink * comments(0) * trackbacks(0) * Edit

明日のチベット体操江南クラスの場所は名古屋です

まあるいお月さまが頭上で輝いています。
明日はやぎ座満月ですね。

皆さんのところからもおつきさま、眺められるでしょうか?

わたしは本日より、岐阜、名古屋出張です。

ここ、岐阜からもきれいなおつきさまがみえていますよ*・゜゚・*:.。..。.:*・'(*゚▽゚*)'・*:.。. .。.:*・゜゚・*

今日は算命学個人セッションのため、朝早く新幹線に乗りました。

台風の影響でどうなるか心配しましたが、新幹線も予定通りでみなさんにご迷惑を
かけることなく到着できてよかったです。

被害の大きかった、沖縄や、九州、長野は、普通の生活に戻るのに時間がかかりそうですね。

身体にきをつけてもらいたいです。

明日の午後は江南でのチベット体操クラスですが、明日は終了後お世話になっている
なかむらドクター主宰のパーティーなので、会場が変更になっています。

名古屋市内でしますので、みなさんお間違えなきように(((o(*゚▽゚*)o)))

満月の瞑想など織り交ぜながら、満ちるといいテーマでクラスをする予定です。

終了後は。。。


パリ祭と〜銘打ったパーティー、グルメのドクターなので、どんな美味しいものが
食べられるか、楽しみです。



今後チベット体操は個人コンサルのなかに組み込んで行こうか、とも考えています。

算命学との組み合わせで、たとえば半年間継続してのコンサル。

そこにに欠かせない、ボディワークを
チベット体操を使って行こうかと考えています。

またメニューがきまりましたら、このブログでお知らせしますね!

明日もあつーくなりそうです。

熱中症気をつけましょう!



permalink * comments(0) * trackbacks(0) * Edit

義母との別れ その2

義母の旅立ちからちょうど1週間が過ぎた。

日曜日に葬儀を終えても、まだまだ葬儀屋さんや、ご近所の方々がいらしたりして
なんだかせわしない。

葬儀を終えて、夫は翌日から会社にいっているが、

私はなんだかぼんやりして、何も手がつかない、気力のない日々を過ごしていた。

昨年実家の母が逝き、3月に一周忌の法要を終えたばかりだったこともあってか、
義母が逝ってしまったのは、予想以上に私にとってショックであり、大きなことだったようだ。


もとのように元気になるということは難しかったけれど、

まだまだこれからが入院中の義母との新たな付き合いの始まりとすら思っていたので、

なんだかあっけない幕切れのようで

気持ちの整理がつかないままにあわただしく通夜、葬儀となってしまった。

葬儀が終わった後、主のいなくなった部屋がほんとうにがらん、としていて

大きな喪失感が胸というよりみぞおちのあたりに広がっていて、食欲もなく、ただただ
何をする気力もわかず、ごはんさえ作れず、ふぬけのような自分がそこにいて、
実家の母が亡くなった時もそんなふうにはならなかったのに、それは予想外の自分だった。

自分でもわけがわからなかったけれど、

母との別れはまだ自分の中でちゃんと整理がついているわけではなかったことに
今更ながら気づいたりもする。
それが義母の死で、クローズアップされたのかもしれない。

「母」という存在は、自分の根っこのようなものなのかもしれない。

その根っこがなくなってしまって、大地のうえでふわふわと頼りなく浮いているようで
ほんとうに自分が根無し草にでもなってしまったようだ。

そんな感覚の中で、なんとか自分を奮い立たせようとするけれど、
ふにゃふにゃとして、しっかりできない。

そんな中

昨日、葬儀後初の仕事で、チベット体操クラスがあった。

参加してくださる生徒さんにはとても申し訳ないけれど、まるで気力のない状態の私のまま
無理やりに出かけたのだ。


ほとんど頭もちゃんと働いていないような状態だったけれど、
手や足はそれなりに動いて、言葉も出てくる。

エネルギーチャージしたい!!っていう自分の欲求があったので、
昨日はミカエルザヤット氏の精油「ENERGY」をつかいました。

私自身の欲求もあったのですが、

こういった梅雨の鬱陶しい時期は内側に氣が滞りがちにもなるので
すっきりさわやか系はバランスも整えてくれるのでいいんです。

一緒に丁寧に自分の身体と向き合いながら、ゆっくり深い呼吸とともに呼吸のリズムに合わせて身体をほぐしていくと、途中からどんどん自分の身体の中に枯渇していたエネルギーが
チャージされていくのを感じることができるようになったんですよ!!

大地から湧泉を通じてエネルギーを吸い上げる。
自分の身体の細胞の隅々を満たしながらそのエネルギーが上昇していく。

何度も繰り返しながら十分に身体に氣が満ちるような動きを取り入れていく。

呼吸に意識を向けながら、不要なものを吐き出して、新しいエネルギーを取り入れる。

要望のあったひざの痛みや、むくみ解消のアーサナもやりながら後半へ。。

身体中の細胞に十二分に血液がいきわたるためにはなるべく大きな筋肉を使うようにする。

チベット体操の第一の儀式を始めるころには頭痛もなくなり、
ぼーっとしていた頭もすっきりしてきて、いよいよ身体が整ってきたのを実感。

さらにチベット体操で高めていく・・・

たっぷり2時間。

あ~~すっきり!!

そして、やる気がみなぎってくる。

氣が満ちるってほんとうにこういうことだな~って自分が心も体も弱っている時こそ
感じるな~

真琴のチベット体操クラス、すごいです。って自画自賛!!か(笑)

今日は遅れていたHPの更新原稿をあげて、ブログ更新。

で、こんなふうに自己宣伝までできるようになってます(^^♪

さらに片づけや買い物もさくさくと!!

緩める~整える~高める 

ボディワークはやっぱりほんとうにわかりやすいし、速い。

皆さんも自分に合ったボディワークを何でもいいので生活に取り入れるといいですよ!!

おすすめです!(^^)!






permalink * comments(0) * trackbacks(0) * Edit
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 97 | 98 | 99 | 100 | 101 | 102

このページの先頭へ