Portrait
愛賀真琴
Calendar
<< October 2020 >>
SunMonTueWedThuFriSat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
Official site
Search this site.
Tags
Archives
Recent Comment
Others
Admin

土用に最適!チベット体操

今月17日から5月4日まで土用期間です。

なんだかちょっとしたことにいらいらするな~

いつもならスルーできることができないぞ・・・

なんてことはないでしょうか?

感情的になりやすいし、いらいらしやすいし、
衝動的な行動をしやすいし・・・

という土用の期間なのです。

季節の変わり目、季節の調整の時期は人間もその自然の作用に影響を受けるのですね。


私も満員電車の中で、いつもなら受け流せるようなマナーの悪い人の態度に
いらいらする気持ちになったり、一言いいたくなっちゃたり、
不注意で失敗したり・・と土用の影響感じてます。。

それが、この期間にあるチベット体操クラスにとっても助けられてます!!!

深い呼吸とリラックスできる時間と空間!!

それがとても穏やかさと物事や生きていることへの感謝の気持ちを
自然にもたらしてくれて、喜びで体中をみたしてくれるからですね~~

今日もチベット体操と算命学講座がありました。

お天気がよいので、窓をあけ、太陽と風を感じながらゆっくりと体と向き合いました。

じっくりと体の声を聴いていくことで体が色々なメッセージを発してくれます。

静かで豊かな時間を自分に与えてあげることができて、魂が喜んでいるのがわかります。
一緒に体操している仲間とも深いところで繋がっている喜びを感じ、
とても幸せなひと時を過ごせました!

おいしいランチ(今日は千疋屋でフルーツ&ハムサンドとスペシャルマンゴーパフェ)
を皆で食べて大満足!!のあとはハッピー♪ラッキー算命学講座へと。

明日、明後日とチベット体操クラス続きます♪

皆さんも土用をうまく乗り切ってくださいね~~~




permalink * comments(0) * trackbacks(0) * Edit

ヴェーダンタキャンプ終了♪

7日間に及んだ東京ヴェーダンタキャンプが終了しました!

インドのアシュラムと同じような形態のキャンプを日本でも!!という熱い想いと
準備からずっとそれを支えていらっしゃったスタッフの皆様やサポーターの方々の
尽力の賜物の素晴らしい7日間の勉強会に参加させていただき、
ほんとうにたくさんの、言葉に尽くせない宝物に触れさせてもらいました!!

感謝の気持ちでいっぱい・。・。・。・☆・。・。・。☆~☆~☆~・。・。・。・。


ヴェーダンタの世界観とは「わたしといったい何であるか?」

という疑問に答えてくれるものです。

『永遠に変わることのない本質のわたし』


「わたし」とは身体でも心でもないこと。
「わたし」とは完全であること。
「わたし」と世界は分かれていないこと。
「わたし」の本質は全体であること。


わたしとはすべてであり、
すべてはわたしであること。

わたしとは完全に満たされた存在であること。


mini_CIMG3577.jpg


勉強会で使用したテキスト「タットワボーダ」や教えていただいたチャーント。
サンスクリット語の響きがとても美しいのです。



時間と空間の話
家庭の話
父親、母親、夫、妻、子供。。。。の役割
役割としての自分。それぞれの役割=自分

でも自分=役割ではないこと

算命学の理論とも通じるところがたくさん!!ありました。

スワミジの存在そのものに出会えたこと。
すべてが学びでした。

mini_CIMG3576.jpg

今回のスワミジの来日を記念して出版された本『ストレスからじゆうな生活』

そして大好きなポットのお話にでてきた「ポット」をいただきました!!


mini_CIMG3572.jpg


最終日にひとりひとりに握手してスワミジが手渡ししてくださったバッグです!!
すてきでしょ。

下に敷いてあるグリーン(青磁色)の布も。。。


こういった勉強会は宿泊して非日常に自分の身をおいたほうが、楽だし
集中もできますが、
今回は毎日朝7時に家を出て、帰宅は10時をすぎました。

家に帰れば、いやおうなく日常に意識は戻され、現実が待っています。

ほとんど家事は放置状態ですから・・・

7日の間には仕事もしたので、精神的にも肉体的にもかなりきつかったのですが、
サポートしてくれた夫にはほんと!!感謝ですね~~

毎日毎日が本当に楽しく、深い気付きのあった7日間になりました。

来年もまたきてくださるそうですから、是非皆さんもこの世界に触れてみませんか?












permalink * comments(0) * trackbacks(0) * Edit

ヴェーダンタを学ぶ~初日から第3日終了

今週月曜日(13日)から始まったスワミ ダヤーナンダ(スワミジ)による
1週間の東京ヴェーダンタキャンプ。


人間とは何か。

人生でどんなことを成し遂げたとしても、
結局あなたはあなた自身を受け入れなければなりません。

自己受容は本当の自分を知ることで可能になります。
自分を知るためにヴェーダンタという知識体があります。


とスワミジは語っています。


初日はチベット体操クラスを終えて夕方から駆けつけたのだけれど・・・

うううううぅぅぅぅ・・これは失敗だったかな~と正直思ってしまった。

自分の枠とか制限を取りはらうようなことが起きるときって、
自分の頭で予想できることなんて起きないってわかっているのに、
やっぱりそうなるとなんというか、抵抗が生まれるんだよね~~

気分も萎えてくるし、体はバリバリになるし、
明日からどうしよう・・・って弱気にもなり、愚痴ったりしちゃった。

それにスワミジの英語に慣れなくて、ストレスもたまる。

二日目。

(朝7時の電車で通ってます。新宿まで。夜は初日は9時までだったけれど、
8時までになりました・・それでも帰宅は10時を過ぎます。)

2クラス目くらいから急に視界が開けたようになって不思議


今日で3日目が終了。

スワミジの英語にもすっかりなれ、

そして何より、器の大きさとあたたかさと厳しさのある豊かな光の世界に圧倒されてます♪

そしてお茶目 ^^

このユーモアが素晴らしい!!

教える人は言葉を操らなくてはいけないと話されましたが、
ご本人も自画自賛される「たとえ」の素晴らしさと楽しさと
面白さとわかりやすさが本当にすごいです!!!

グル=マスターといわれる人のあり方とか、たたずまいとか、話し方とか、
そういうもの一つ一つがものすごい学びです。

ヴェーダンタの世界観はもちろんのこと、
その何千年という長きにわたって続く教えの伝統が、
先生=教師と生徒=学ぶ人のあり方やコミュニケーションそのものを教えてくれるのです。

宇宙の秩序


この先どんな世界が展開していくのかほんとうに楽しみです。




明日は『算命学イベント』で参加できないのですが、


心がすっかり解放されて、開いてしまっているので、

明日のお仕事チャネルにするために今日は少しはやめに帰宅して体調を整えてます。

体入れ替えてます 。

算命学の理論(考え)とも通じるものがたくさんあり、とてもうれしいです。



permalink * comments(0) * trackbacks(0) * Edit

サクセスストーリー

バンコクのチャイナタウンエリアにある

ワット・トライミットという黄金仏寺院をご存知ですか?

このお寺以前はと~~~っても寂れた、貧乏なお寺だったのですよ。

それが今やこの黄金仏像のおかげで大人気となり、

すばらしくきれいで立派なお寺になったのです。


mini_CIMG4952.jpg

右すみのほうにちらっと見えているちょっと薄汚れた感じの建物が今までのお寺。

そして純白に金色の美しい建物が完成したばかりの新ワット・トライミット寺院!!

この写真では大きさはわかりにくいですが、かなりの大きさです。


実はこの黄金仏像には有名な逸話があるのです。

そもそもスコータイ王朝の全盛時代に黄金の輝きを放ち、国の宝だったこの仏像。

アユタヤー王朝時代にビルマ軍による侵略が繰り返され、略奪されないように

この黄金仏像は「しっくい」、つまり土(どろ)で固く覆い隠されたのですね。

そしてその後バンコクの廃寺に放置されて、誰もこのしっくいの仏像の中身が

黄金!!だとは気付かなかったのです・・・

そして50年ほど前のことですが、当時すこぶる貧乏寺だったワット・トライミットは
何か仏像が欲しいので、このしっくいの仏像をおそらく二束三文で非常に安く
買ったわけです。

ところが、移送中のことです。

用意したクレーン車からそのしっくいのはずの仏像は黄金の重さ??に絶えかねて
ごろんとおっこちてしまったのです!!

するとしっくいがひび割れて、中からはまばゆいばかりの黄金の光が!!!!

びっくりしたのは言うまでもないですね!!



バンコクには仏像に金箔が貼られたものが多いのです。

私たちが参拝するときにも、10バーツか20バーツくらいで買った金をぺたぺたと
はったりします。

そういった一般の仏像とはまったく価値が違います。黄金仏像ですから!!!

金が大好きなタイの人たち。

それ以来、このサクセスストーリーとともに、神様がその姿を現したかのような
この黄金仏像の威厳に満ちた後光を参拝する人たちが後を絶たず・・・

すっかりお金持ちのお寺に生まれ変わり、

新寺院建設となったわけです。


この新寺院が完成した今後はバンコクで1、2を争う観光名所になることは

間違いないな~と思われます。

最高の格式を誇る王室保護寺院でもある、ワット・プラケオ(エメラルド寺院)は
別格としても、ワット・トライミット寺院のこのストーリー。

それにあやかりたいという人もいるのでは?

土の中から金。

まさに、刀や宝石の質をもつ、庚金、辛金の日干支をもつあなた!!にとっても
サクセスストーリーじゃありません??



一度参拝してみてはいかがでしょう?

土に埋もれてないで、光輝やくために何が必要か!!

自分の質を輝かせるってどういうこと?

まずは自分自身を知ることですね!!

土をはらってくれるもの、人は守護神にもなりますね!!

算命学講座で楽しく自分を知りましょ^^

http://aigamakoto.com/sanmeigaku_kouza.html

mini_CIMG4953.jpg


permalink * comments(0) * trackbacks(0) * Edit

4月の算命学講座&チベット体操

桜が満開ですね~~~

mini_CIMG5014.jpg

mini_CIMG5016.jpg



4月の

   ハッピー♪ラッキー♪『真琴のおもしろ算命学講座』と

   『チベット体操クラス』の

お知らせです。



算命学講座: 4月23日(木曜日) 13時45分~17時


         今回は
          自分を輝かせるあなたの質のお話、陰陽論、5月の運気、と
          天中殺のとらえかた、活かし方、気をつけ方
          についてです

         またまたお二人様分の資料さしあげます


起こったことを見る時、必然性のない不必要な物事は、
例えそれが一見、自分にとって得するラッキーなことに思えたとしても、
実は決してラッキーではないということが「運気」の上ではあるのです。

私達の世界は陰と陽で成り立っています。

陰陽論ですね


☆天と地
☆表と裏
☆光と影
☆上と下
☆太陽と月
☆男と女
☆昼と夜
☆生と死


たいていの人たちは何にでも吉と凶、良いか悪いかのレッテルを付けたがりますが、
表だから吉で裏だから凶とか、生は吉で死は凶とか、そういうことはないのです。

その人にとって必要であれば、病気や怪我だって良しと考える。
必要な苦労は買ってでもする。
一方、不必要ならば、たとえ良さそうに思えても避ける。

間違ってはいけないのは、あなたにとっての必然性です。
陰と陽どちらも大切だってことなんですね 。


一見悪そうにみえること。
一見良さそうに見えること。

起きた物事には良いも悪いもないのです。


特に!あなたにとって大事な時期には、そのことを、
ちょっと意識して、毎日を過ごしてみて下さい。

人との出会い。
毎日の仕事。
瞬間、瞬間、私たちは選択をします。

自分を知ること。
他者を知ること。

それによって見えてくるもの。
他者の中の自分。

流れの中の選択。

「時を知る」ってとても大切ですね


さて「チベット体操」はおかげさまで2年目を迎えています。

参加してくださった皆様に感謝でいっぱいです。


先日こんな感想をいただきました。
読んで思わずうるうるとしてしまいました。。。
参加者の皆さんにほんとうに支えてもらってます。
ありがとうございます!

・。・。・。・。☆。・。・。・。・☆。・。・。・。・

今日もチベット体操をありがとう。
今もまだ深く体がくつろいでいるよ。
体の中にエネルギーが入り、まわっていくのを感じるよ。
意識と体の関係をあらためてかんじたよ。

真琴ちゃんのワークは肉体と宇宙をひとつの世界に繋いでくれる。
ほんとに大好き。

・。・。・。・。☆。・。・。・。・☆。・。・。・。・


みんなひとつなんだな~と感じる空間を共有できることが 幸せです。


チベット体操大感謝企画のお知らせも近日中にしま~~す


  4月5日:  辻堂 終了 しました!

  4月18日: 三田  午前

  4月23日: 表参道 午前

  4月24日: 逗子  午前

  4月25日: 辻堂  午後


お申し込み・お問い合わせは

真琴のHPhttp://aigamakoto.com/


ご参加心よりお待ちしていますね~~

mini_CIMG5015.jpg



permalink * comments(0) * trackbacks(0) * Edit
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 97 | 98 | 99 | 100 | 101 | 102

このページの先頭へ